小学生の頃から、中学3年生まで剣道をやっていました。

中学の部活に入る時には、他の部活とも迷ったのですが、
剣道の師範に連れられて色々な稽古に参加し、様々な先生方と繋がりがあったので、
剣道部で過ごすことを決めました。

この頃の私は、いわゆる「優等生タイプ」で、冗談などは通じない子どもでした。
周囲の人からはよく、「先生に向いているんじゃない?」と言われていました。
生真面目に映っていたんでしょうね。

今の自分とは違い、自分から発言したり、キッカケをつくりに行くタイプではなかったですね。

そんな私が、高校生でサッカーを始めてから、性格も一変して、
様々なキッカケに恵まれるようになりました。