1. >
  2. >

不動産投資をITで再構築する。
大学中退・新聞配達を経て至る、仕事への覚悟。

巻口 成憲さん/投資用不動産の直接取引サービス運営

はてぶ

投資用不動産の直接取引ができるwebサービスの展開を狙う巻口さん。幼い頃から参謀役に憧れナンバー2としての活躍を目指すも、大学受験の失敗・中退を経て新聞配達で生計を立てる日々へ。そんな環境から不動産・経営コンサルを経て、自ら新たな挑戦を決意した背景にはどのような思いがあったのでしょうか?

大学を3ヶ月で中退、新聞配達のバイト生活へ

私は新潟県新潟市の、親戚が皆料理人で職人気質な家庭で生まれ育ちました。小中学校とわりと勉強が好きだったこともあり、中学生になってからは生徒会長をつとめました。しかし、何かに熱中すると、周りを巻き込んで後先考えずに突っ走ってしまうタイプだったため、自分の意見から、周りに細かな作業を夜遅くまで大量にさせて迷惑をかけてしまうことなどもあって、人の上に立つ難しさをその時つくづく感じました。

それからは、将来はトップを目指すのではなく、どちらかというと三国志の諸葛亮孔明のような参謀役のナンバー2になろうと考えを変えて勉強をするようになりました。ただ、高校では県大会で優勝するレベルのラグビー部に入部をしたため、ラグビー漬けの日々に。3年生の1月に引退するまではほとんど勉強ができていない状況でした。そして、引退後に将来の進路を考えるようになると、自分がイメージできる範囲で究極の参謀役だった弁護士に憧れを抱くようになりました。元々家業を継ぐことに関心が無かったことに加え、専門性を特化することに憧れもあったんです。

ところが、短期間での勉強で迎えた大学受験で失敗。周りの友人がいわゆる難関大学に進む中、自分は滑り止めの大学しか受からず、呆然としてしまいました。「俺の人生もうだめだ」と投げてしまいそうになりました。

それでも、司法試験に合格すれば状況は変わると思い、そのまま大学に進学し、すぐにダブルスクールで勉強を始めました。しかし、司法試験サークルやテニスサークルにも入ったために毎日飲み会に誘われるようになり、バイトもできず、風呂無しの家賃2.5万円の部屋に住んでいるのにも関わらず、家計が回らなくなってしまうことに。なんだか、このままずるずると自分の反骨心や情熱が失われていくような危機感もあり、「このまま大学にいたら自分がダメになる」という思いから、入学してから3ヶ月で大学を辞めることに決めました。

とはいえ、その後の明確なビジョンがあるわけでもなく、実家からは勘当され、まずは生きていくために、土方仕事や訪問販売、セミナー講師など様々なアルバイトを経験しました。スクールの学費の返済もあって毎日ギリギリの生活で、新聞紙を食べてみたことすらあり、「お金がないと人間ってダメになっていくんだな」と感じました。また、半ばヒモ状態で同棲していた彼女にも振られてしまい、借金も抱え、人生の底を見たような気がしました。

それを機に、なんとか立て直さなければと考え出し、住み込みの仕事を探して新聞配達を始めました。様々な境遇の人と衣食住を共にし、「自分はこれからどうなるんだろう・・・」という不安もありましたが、なんとか借金も返し終わり生活が安定するようになっていきました。

そして、忘れかけていたナンバー2への夢を思い出し、資格の勉強を始めるようになりました。さらに、簿記を2級まで合格すると、店長からも色々と仕事について相談を受けるようになり、元々パソコンを使うのが得意だったこともあり、顧客管理等なども任せてもらえるようになりました。

不動産業界で感じた閉塞感と、修業のための転職