少年時代からの夢だった消防士を退職。自分自身の殻を破り、自ら機会を創り続ける。

人材採用コンサルティングや美容店舗の集客コンサルティング等の事業を展開するベンチャー企業で執行役員を務める嶋崎さん。少年時代からの夢だった消防士になったものの、組織に疑問を感じて退職。その後、民間企業数社を経て、現職に至った経緯とは?お話をお伺いしました。

嶋崎 真太郎

しまざき しんたろう|人材採用コンサル・美容店舗集客コンサル事業運営
人材採用コンサル、美容店舗集客コンサル事業を運営する、株式会社CIN GROUPの執行役員を務める。

ゼロから生み出すことが得意だった少年時代


私は、生まれは大阪ですが、中学校までは転勤族のため、名古屋・新潟・千葉と全国各地を転々として育ちました。転校も多かったので、学校に入ったらすぐに友達を作るということに慣れていました。

小学校の頃は、名古屋グランパスエイトの小倉隆史さんに憧れて、サッカーばかりやっていた活発なスポーツ少年でした。学校の授業では図工や美術等、何かをゼロから作り上げることが好きでしたね。また、カッコいいことに憧れていて、タイムカプセルに書いた将来の夢は、「消防士になりたい」というものでした。

その後、中学校2年生で、新潟から千葉に引っ越しました。思春期真っ只中でしたが、サッカーに打ち込みつづけ、恋愛にはとてもシャイでした。彼女がいても家に来ないでくれなんてこともありましたね。相変わらず、美術や体育は得意だったものの、5科目は苦手。いかに効率よくテストを迎えるかということに専念し、編み出した方法は「教科書丸暗記」。誰に教えられたわけでもないですが、中学のテストは教科書そのまま出題されるので、これが一番効率が良かったんです。

高校では、サッカーからラグビーに転身し、朝から夜中までひたすらラグビーの日々。試合で勝つためにはどうすれば良いのか、常に効率性を意識し、作戦を考えるのが好きでした。現状を打破するためにどうすべきかを日夜考えていましたね。

そんな日々の中、高校の卒業を控え、将来の選択を迫られると、スポーツ選手というよりも、子供の頃から夢だった消防士をふと思い出したんです。やっぱり消防士には憧れるなと。そこで、消防士を目指して、消防法が学べる大学法学部に進学しました。

大学1年で中退、幼少の頃から夢だった消防士へ


しかし、大学に入学したのは良いものの、すぐに疑問を感じ始めました。教授が黒板に書いた内容をノートに写すだけで、授業に出ないで本を読んでいても変わらないのではないかなと。それだけで1授業数万円で、4年間もいると考えると、お金も時間も無駄だなと感じ、徐々に大学から離れていきました。そして、無駄な時間とお金を使うのであれば、早く消防士になってやろうと、1年生終わりを待って中退し、消防士試験のため資格専門学校に入学しました。

資格の学校は2年間が在学期間。入学と同時に渡されたテキストを見て愕然としました。分数の足し算がテキストに書かれていたのです。小学校の計算から勉強するのか、それは2年間も掛かるはずだと。さすがにそれでは時間の無駄と考えて、自分で2年間の勉強を半年でマスター。その年に消防士試験に合格をし、子どもの頃からの夢だった消防士になったのです。

念願の消防士になってからは、毎日がやりがいと達成感で一杯でした。生きるか死ぬかを助けることに携われる職業。カッコいいし自分の天職として日々邁進していきました。

年功序列の組織への違和感から民間企業へ


ただ消防士は公務員、つまりは年功序列の世界です。努力をしなくても年数を経過すれば給与も上がり、努力をしてもそれは同じです。また組織で発言できるようになるまでは20年以上が必要になります。今までスポーツや勉強、進路についても、戦略を考えて、自ら行動を起こし、ゼロから考え出すことをし続けてきたため、組織体系に疑問を感じてしまいました。決断や切り替えはとても早く、少年時代からの夢だった消防士を7年で退職し、努力と成果で評価される民間企業に27歳で転職を決意しました。

消防士を退職して民間企業の就職先探し。転職先を転職サイトで探していたものの、何だか働きたい職場や仕事はそんなにないものだなと感じました。7年間公務員だったので、他の職業を知る機会もありませんでしたし、当然かもしれません。そんな中でも、営業職は知っていて、これなら何かあっても食べていけるのではと考えて営業職に絞ってましたが、行きたい会社は見つからず。時間が刻々と進む中、この転職サイトを運営している会社はどこだろう、とふと見てみたところ、大手人材会社が運営していることを知りました。大手人材会社で一般的には知名度は高いものの、公務員だったため知らなかったのです。

この会社では色んな事業をしていて、「就職」「結婚」「飲食」「習い事」「旅行」などライフスタイルの節目で必ず出会うことがあるのではないか、そんな中で、人生の節目になる「結婚」の事業で仕事をしたいと希望し、すぐに応募しました。他の会社には選考書類すら出していない状況で、3ヶ月間人材の空きを待ったものの空きが出ず、まずは他の事業部ですが「飲食」の分野で、この会社に入ることを決意しました。

「素直」「謙虚」「勇気」そして「行動」


実際に入社してからは、飛び込み営業で飲食店を回る日々を過ごしていました。大学を中退しているので、学歴は高卒。ビジネスの世界では、大卒が当たり前で、そんな概念を壊したいと躍起になっていました。有名大学を出たからビジネスで結果が出るとは限らないと。やる気に満ち溢れていましたね。

幼少の頃から転校も多かったので、公務員から民間へ消防士から営業へという劇的な環境の変化はむしろ楽しめたものの、頑張っているにも関わらず成果が出ない日々が続きました。こんなに必死でやっているのにどうしてだろうと悩みに悩みました。

この会社では、年間アワードとして優秀な成績を収めた人が表彰されるのですが、同年代の人が表彰されていて、なんでだろう、どんな差があるのだろうと考えたとき、「人の言うことを素直に聞けているのか?」という差に気付いたんです。これまで自ら決断し、自ら道を切り開いていたものの、よく考えてみると、人のアドバイスを聞くという謙虚さがなかったのですね。社訓の一つである「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」ということも理解していなかったんです。良いことも悪いことも、全ての事象は自分次第で、全て自分の責任として、物事と向き合っていかなければならない。変化は外で起きていますが、その変化は誰かが起こしたものです。であれば、当事者意識を持って自分自身で変化を作り出していかなければいけないと心改めました。でも、思ったからといってすぐにできる訳ではありません。今までの自分をガラッと変える「勇気」が必要でした。

そこからは、上司や活躍している営業からのアドバイスを素直に聞いたり、勧められた『思考は現実化する』・『ザ・ゴール』・『V字回復の経営』という書籍を読み込み、考えを改めていきました。そこからは、めきめきと営業成績も上がり、1000人程いる営業の中でトップセールスにまでなり、年間で5回ほど表彰されました。なかなか売れない落ちこぼれの人間が、どうやったらできるか、実現可能な方法だけを考えるようになっていました。

その後、入社して3年間経たところで、また転機が訪れました。元々契約社員入社だったのですが、会社に残る選択肢もあったものの、自分の力を試してみたいと、転職を決意。起業する人も多かったのですが、僕は独立しませんでした。自信がなかったんですね。確固たる自信を得る為に、まだまだ勉強しようと。前職で培った学ぶ気持ちを大事にする心は持ち続け、孫子や稲盛和夫、松下幸之助と偉大な経営者や古典の本は常に読むようにしていました。

その後、転職した飲食店ベンチャーの統括を1年で退職し、ITベンチャーに再度転職をしました。広告もマネジメントも勉強したので、Webがわかれば一通りできるのではないかなと。しかしながら、自分が思っているスピード感と会社のスピード感とのギャップを感じ、ここも1年間で退職をしました。

短期間で転職を繰り返したため、「もしかしたら、自分は組織に向かないのではないか。」と思い始めました。それならば、自分で起業するしか道はないと。そこで縁あって出逢った株式会社CIN GROUPの代表に、「自分がやりたいと思ってる事業に出資をしてください!」とダメ元で話しました。予想通りの結果でしたが...。

しかし、何度か話をするうちに、営業推進をしないかとお声がけをしてもらいました。起業すると決めていたので断っていましたが、3度も熱心にお誘いいただき、最終的には、「まずはやってみようかな。」と考えを変え、入社することを決意しました。

自分を支えてくれる方々への想い


現在は、美容サロン事業と人材事業の統括をしています。また、人事にフォーカスしたメディア「BiJinji Women」を自ら考案して立ち上げ、運営に注力しています。

民間企業に転進してから気付いたこと。成果を上げて評価されるということはフェアだなと考えていたのですが、営業を支えてくれる人事や営業事務の支えがあることは絶対に忘れてはいけません。成果が数字で目に見える営業や経営者は格好良くフォーカスされます。しかし、ここに疑問を感じていました。

人材事業を運営しているいま、支えてくれている人も注目されるべきだと考えており、「ヒト」の「コト」を考える人事に、「ジブン」の「コト」を見てもらいたいと考えました。また、女性がしっかりしている方がピリッとした組織になり、女性にしかない辛抱強さとかを愚直にコツコツ頑張る姿勢を露出し、もっと活躍してもっと社会的価値を上げていきたいというコンセプトで新メディアを進めています。

女性は結婚したり、子どもができたりすると、退職してしまうこともまだまだ多いのが現実です。仕事も家庭も、もっと欲張って、自分の可能性に限界を持たずに、やればできるということを証明し続けること、それを世に訴えて行ければと考えてます。

私自身、様々な挑戦をしてきたからこそ、前例のないゼロから作り上げていく楽しさ・やりがい・達成感をみんなに知ってほしいと思っています。執行役員になった現在、支えてくれている人達に恩返しができる機会を創れた時に喜びを感じるので、いまはその恩返しができる事業をどんどん展開していきたいですね。


※インタビュー:松岡 佑季

2015.10.08

ライフストーリーをさがす
fbtw

お気に入りを利用するにはログインしてください

another life.にログイン(無料)すると、お気に入りの記事を保存して、マイページからいつでも見ることができます。

※携帯電話キャリアのアドレスの場合メールが届かない場合がございます

感想メッセージはanother life.編集部で確認いたします。掲載者の方に内容をお伝えする場合もございます。誹謗中傷や営業、勧誘、個人への問い合わせ等はお送りいたしませんのでご了承ください。また、返信をお約束するものでもございません。

共感や応援の気持ちをSNSでシェアしませんか?