中学校まではバレーボール部に所属していました。
ものすごく本気で取り組んでいるというわけでもなく、特にスポーツが大好きなわけでもなかったですね。

高校に進学すると、1年生は全員部活動に入ることが決まりになっていたので、
どの部活に入ろうか考えるようになりました。
そんな折、ラグビー部の先輩から、

「うちは弱小だし人数も少ないからすぐレギュラーになれるし、練習も楽だから入りなよ!」

と誘われて、そのまま入部することに決めました。

ところが、実際入部してみると、話とは全然違い、ものすごくきつかったんですよ。

見事に先輩に騙されてしまったので、正直やめたいとも思ったこともありました。
ただ、誘ってくれた人とは別に、陰険な先輩がいて、
その人を見返したいという気持ちがあったんですよね。
それがモチベーションになり、辞めないで部活を続けたんです。

そうやって続けているうちに、気づけばラグビーが好きになり、
大学でも続けたいと思うようになりました。

大学を選ぶときは漠然と将来を意識して、ラグビーが強いだけではなく、
学力的にもある程度レベルの高い学校に行きたいと考えました。
とはいえ、高校時代は全く勉強していなかったので2年間の浪人生活を経た後、
高校の先輩がいるという理由で、京都のとある私立大学へ進学しました。

大学のラグビー部は強豪で人数も多く、周りはとてもうまい選手ばかりだったのですが、
人数が多く、一人当たりの練習時間は少なくなるので、高校時代に比べると意外に楽でしたね。

周りは高校時代に全国大会で活躍していたような優秀な選手も多く、
元々差がある状態で入部したので、人並み以上に頑張らなければならないはずが、
思った以上に楽な環境と、その大学の「ラグビー部の一員」という肩書に甘えてしまっていたんです。