世界へ発信するアートを、500人の島から。
「離島に住む自分」だから得られた機会。

大橋 実咲さん/現代美術のアートマネジメント

はてぶ

【広島県提供:「広島移住で始まった、新しい人生」特集】広島県尾道市の百島(ももしま)で、廃校となった中学校の校舎を再活用したアートセンター「ART BASE MOMOSHIMA」のマネジメントを担当する大橋さん。染織作家を目指して進んだ大学院でアートマネジメントの道へ大橋さんを方向転換させた出会い。アートのために500人の島に移り住んだ先に訪れた機会とは。

他の人と違うことをしたい

京都府京都市に、4人きょうだいの次女として生まれました。父は美術史や建築に関わる仕事をしていて、あまり家で会うことがありませんでした。たまに帰ってきたかと思うと、「お土産だよ」と、小5の私にカナダのお土産で木でできた粋なピアスをくれたり、突然学校を休ませて気功を習いに北京に連れて行ったり、とても変わった人でした。
著名な作家の絵画が家にあふれていたり、自分に似合うお洒落な服を選んでくれたり、父が与えてくれたそんな環境で育った影響で、お洒落に興味を持ち、アートに憧れるようになりました。

学校では浮いてましたね。周りに合わせる意味が分からず、攻撃されることもありました。どうせ飽きるだろうと、全く気にしていませんでしたけど。

高校生になり部活で薙刀(なぎなた)を始めました。小中と強豪のバレー部にいたんですが、高校のバレー部は強くなかったので、他校よりも強かった薙刀部に入りました。小さい頃から負けず嫌いでしたね。4人きょうだいで歳が近くて、ピアノも水泳も英語もスケートも、全て一緒に習い始めて、いつも自分ときょうだいを比べていました。きょうだいには勝てないことが多かったので自分だけ違うことをやれば勝てると考えていました。

高校生活は部活に全力を注ぎました。毎朝5時に起きて朝練・昼練・夜練・そして道場の稽古と、一日中薙刀でした。国体や全国大会にも出場して自信につながり、卒業後は、薙刀の推薦で体育系の大学に行くことに決めていました。

ところが、3年生の夏「このまま薙刀を続けていて大丈夫なのかな。スポーツ選手って怪我も多く、本当に大変なんだな」と感じたんです。将来、万が一ケガをして引退した後、次に何の仕事ができるのか想像できなかったんです。それまで3年間夢中でやっていたの、そんなこと感じたことなかったのですが、3年生の夏の大会が終わった後にやめようと決めました。

実家で小学校の卒業文集を読み返して、デザイナーを目指していたことを思い出しました。色々考えた末、美大を目指すことに変えました。周りからは「お前絵かけるの?」と馬鹿にされましたね。

父にその話をすると、画塾に行くことを薦められました。画塾でもボロボロに言われました。「こんなんで受かるわけがない」って。「朝の5時から夜中まで描き続けるので付き合ってください」と先生に頼み込み、毎日ひたすら絵を描き続けました。絵を嫌いになりそうなくらいでした。

なんとか地元の大学の芸術学部に進学することができました。

アートマネジメントの道へ

シェアして応援