学生時代から、人前に立ってなにか話すのが好きでした。
周りからとにかくいじられるキャラで、部活やクラスでは、
ムードメーカー的な立ち位置であることが多かったです。

小・中はサッカーをやっていて、高校からはアメリカンフットボール部に入りました。
戦略がものを言うチームスポーツで、何かに秀でていればスターになれる、
そんなところがすごくいいなと思ったんです。

大学に内部進学で入学してからも、相変わらずアメリカンフットボールに熱中しました。
チームは全国優勝を目指す強豪校だったのですが、もともと小柄だったこともあり、
大学からはトレーナーとしてチームに関わるようになりました。

ところが、一年目の終わりにさしかかる頃、自分の中で違和感をもつようになったんです。
自分の役割や仕事にやりがいはあるものの、このままだと、
チームの中の一つの役割で終わってしまう気がしたんですよ。

「自分の価値って何だろう?」

それが、わからなくなりました。

そして、僕は部活を辞めることに決めたんです。
たくさんの人に止めてもらっていることへの申し訳なさ、
高校から続けて来た仲間を裏切っているという感覚から、
自分の中でもあまりうまく整理がついていませんでした。その期間はすごく痩せましたよ。

でも、仲間の期待を裏切ってしまう形になるので、
自分のこれからの行動で示していくしかない、そんな決心がありました。