「育てる」でなく「育つ」、保育士の私が起業した理由

雨宮 みなみさん/保育士情報共有サイト運営

はてぶ

「子どもの“イマ”を虹色に。」をモットーに保育士・幼稚園教諭のための総合情報サイトHoiClue♪(ホイクル)を中心とした、保育関連事業を運営する雨宮さん。乳幼児期の子どもと接する保育士として働く中で感じた危機感から、保育を取り巻く環境の改善のため、現場と同じ目線に立ち事業を運営しています。子どもが好きという気持ちから保育士を目指した先に、いったい何を見て、何を感じたのでしょうか?

自然な笑顔でいれる仕事

昔から子どもが好きで、近所の子たちの面倒を見るのが好きでした。

中学校の職場体験で保育園に行き、仕事の手伝いをさせてもらったのですが、
とにかく「あーもう楽しい」という感覚でしたね。
自分がこんなに自然な笑顔でいれる仕事があるということに、衝撃を覚えました。
それまで私が知っていた仕事のイメージとは全然違っていたんです。

高校に入る頃には保育の道を進むことに決めていました。
夏休みに保育園に連絡し、遊びに行かせてもらったり、
早くから保育の資格が取れる短大に進むことを決めたり、気持ちはブレませんでした。

保育士養成校の短大に進学すると、実際に保育園や幼稚園での実習にも参加しました。
初めて実習で行ったのは私が通った幼稚園で、すごく親しみをもって実習に通ったのですが、まぁ辛かったです(笑)。
初めての現場に緊張して、色々なことに神経を使い過ぎていたこともありましたし、
仕事の後に日誌を深夜まで書き続けたりと、大変でしたね。

それでも、やっぱり子どもと関わるのは楽しいんですよね。
まさに、好きなことを仕事にするという言葉がぴったりでした。

その後、就職活動を経て、ついに待ち望んだ保育士として働き始めることになりました。

好きだけじゃできない仕事

シェアして応援