東京都杉並区に生まれ育ちました。小さい頃から運動が好きで、小学校の時は親の影響で少年野球に入っていました。中学生になってからは友達の誘いでサッカー部に入りました。急激に背が伸び、1年生の時点で171cmありましたね。最初はゴールキーパー、途中からはディフェンダーでした。

毎日練習に打ち込み、区大会で優勝、都大会でも上位の成績でした。中2の時点で身長は181cmに伸びており、体格を見込まれて、都内の複数の強豪高校からスポーツ推薦をもらいました。進学先として選んだのは、国学院久我山高校でした。顧問の先生から薦められ、迷わず決めました。

入学後、サッカー部の先輩と合わずに退部してしまいました。スポーツ推薦での入学だったので、退学の危機でしたね。

その状況を救ってくれたのは、ラグビー部の顧問の先生でした。親と一緒に学校から呼び出された場で、ラグビー部の顧問の先生が、「相沢君がまじめにやるなら、僕が早稲田大学でも明治大学でも行かせます」とひと言。誘ってもらえたことが嬉しくて、その場で入部を決めました。

入部を決めたのには、ラグビー部の先輩がかっこよかったこともありましたね。元々、突っ張った性格だったこともあり、高校ではよく先輩に絡まれましたが、ラグビー部の先輩から絡まれたことはありませんでした。大人で、どこか次元が違う雰囲気。こんな人になりたいと憧れましたね。

入部後、ラグビーをやってみると、なんだかものすごく解放感がありました。足でボールを扱うことの不自由さをサッカーで感じていたので、手でボールを持って走ることができることが新鮮でしたね。全国クラスのチームでしたが、入部して3ヶ月でレギュラーになりました。身のこなし方や肩の使い方など、野球やサッカーの経験をそのまま応用できたのも大きかったですね。2年生の時には全国大会で優勝しました。うちの高校としては初めての全国制覇でしたね。