1. >
  2. >

「幸せそうだな」と感じられる最期を見せたい。
多くの挫折を経験した僕が選択した起業の道。

管 偉辰さん/心に響く音楽を介護の現場に届ける

はてぶ

【共同創業の選択特集】第三弾は、介護の現場で誰もが楽しめる音楽の空間を生み出す、株式会社リリムジカの管さんです。小さな頃から経営者の父を見て起業を考えるものの、自信を持てずに、インターンシップなどに参加する日々を過ごします。そんな時、起業を決断するきっかけとなった出会いとは?お話を伺いました。

自信を持ちきれない子ども時代を送る

私は東京の中野区で生まれました。両親は台湾人で、父親は会社を経営していました。小さい頃は父の事業が順調だったので、どちらかと言えば裕福な暮らしをしていました。剣道の道場に通い、塾にも行き、中学受験をして中高一貫の私立校に進学しました。

ところが、中学生になると父の事業が傾いていきました。人の目を気にするタイプだったので、外では目立つことをしたり、明るく過ごしていたものの、自分の生活はどうなってしまうのかと、常に不安な気持ちを抱えていたんです。

高校生になると、父はショッピングセンターのフードコートで、飲食店を経営していました。夏祭りの時には外で屋台を出していて、そんな時は、私も手伝いに行きました。ある時、祭りが終わり、父に頼まれ余った焼きそばを他のテナントに持っていくと、「そんなものいらねえよ」と言われてしまうことがありました。惨めでした。

昔から父の姿を見ていたので、「経営者になりたい」という気持ちもありました。しかし、失敗への不安から、そうは言い切れない自分がいましたね。

かと言って、他にやりたいこともなく、自信もありませんでした。中学、高校で所属していた剣道部では、経験者だったこともあり活躍していたのですが、アルバイトでは全く仕事ができず、怒られてばかりだったんです。この時、剣道と仕事の能力は違うと気づき、仕事はできない人間なんだと認識したんです。

高校は進学校で、周りは東京大学を目指す人も多くいました。しかし、もし自分が東大生になれたとしても、「東大生なのに仕事ができないのかよ」と言われるのが嫌で、あまり名前が知られていない、一橋大学一本に絞って勉強していました。変なプライドがあったんですよね。

ただ、自由な生き方に憧れもあり、一生懸命勉強するものの、もし合格できなければ世界を放浪しようと決めていました。

結果としては無事大学に進学することになりました。もちろん嬉しかったのですが、心のどこかでは「また殻をやぶれなかった」と寂しい気持ちもありましたね。

人として力をつけたいと思いインターンシップに参加する