幼い頃から、運動が好きな少年でした。

幼稚園からサッカーを始め、小学校からは野球に切り替えました。
少年野球はどこもそうだと思うのですが、よほどの強豪でない限り、
OBや父兄が指導者をかねているケースが多いので、
僕の場合も近所に住んでいる友人のお父さんに誘われたのがキッカケでしたね。

中学に入ってからも、引き続き野球部に入りました。
あまり強い学校ではなかったのですが、自分たちの代は前後に比べると強い方で、
僕は4番センターを務めさせてもらっていました。

高校でももちろん野球に打ち込みました。
自分で言うのも恥ずかしいんですが、打撃が出来て、足が早くて、肩が強いということで、
周囲からは期待してもらっていたんですよね。

うちの学校的では例外的な扱いだったのですが、1年生のときからベンチ入りしており、
自分自身、周囲からの期待に応えて活躍したいと意気込んでいましたね。