1. >
  2. >

筋肉バカじゃ本当の身体はつくれない。
35歳からのパーソナルトレーナー。

植田 知成さん/完全個室・予約制パーソナルトレーニングジム経営

はてぶ

六本木で個室ジムを経営する、パーソナルトレーナーの植田さん。35歳の頃に自分に向いている仕事を考えた時、20年以上息をするように続けていたトレーニングの世界に踏み込むことに決めた背景にはどんな思いがあったのか。お話を伺いました。

なんとなく競馬場で働く

私は福島県の田舎町で生まれました。小さい頃から運動が好きで、柔道やボクシングなどの格闘技をやりたいと思っていました。ただ、親に反対されたり、やる場所がなかったりで、部活ではソフトテニスやバレーボールをしていました。

その後、高校生になると、話が合う人が周りにいなかったので、学校にはほとんど行かなくなりました。田舎独特の狭いコミュニティに縛られていて、すでに作り上げられたスクールカーストから抜け出すのも面倒だと思っていたんです。

ところが、家にいても特にすることがなく、暇つぶしに本を読んだりゲームなんかをしつつ、身体を鍛えるのだけは好きで毎日トレーニングをしていました。

将来やりたいことなんてなく、大学も行く気はありませんでした。親に将来どうするのか聞かれた時も、競馬が好きで馬券が当たったらいいという気持ちから、「競馬関係の仕事に就きたい」と言いました。すると、たまたま親戚に競走馬の育成場で働いている人がいて、高校卒業後はその人に地方競馬場を紹介してもらい、そこで働き始めることにしました。

それからは、青森や茨城、北海道などの競馬場を転々としながら働いていきました。しかし、24歳の頃、そろそろ一回くらい東京に出てみようと思い、上京して大井競馬場で働き始めたんです。

仕事をするの楽しいものとの気づき