1. >
  2. >

地域社会を再構築して、日本全国を盛り上げる。
テロで感じた無力さからのスタート。

横尾 俊成さん/地域を再構築するメディア運営、区議会議員

はてぶ

区議会議員、ゴミ拾いNPOグリーンバードの代表を務めながら、「つなぐ、つくる、つたえる」をテーマにコミュニティデザインにまつわることを紹介する「マチノコト」の運営もしている横尾さん。地域から日本を変えていきたいとの思いの背景には、どんな経験があるのか。また、横尾さんを突き動かす原動力とはなにか、お話を伺いしました。

顔色を伺う子ども

私は神奈川県で生まれました。
親の仕事の関係で転勤が多く、小学生の時に3回も転校していて、
転校先で新しい環境になじむために、周りの顔色を伺う性格になりました。
また、勉強も仲良くなるツールの1つなので、一生懸命勉強する真面目な子どもでしたね。

中学生・高校生の時も、みんながカラオケやボーリングで遊んでいる中、
私はひたすら図書館にこもり勉強していて、生徒会も務めていました。
本当はもっと遊びたいという気持ちもあり、気づかぬうちにフラストレーションが溜まっていきました。
そして、大学は早稲田大学の人間科学部に進学しました。
自分自身が考えたり悩んだりすることも多く、人の心に興味があったんです。
しかし、初めての授業の時に、「この中で、臨床心理士になりたい人」と教授が聞いた時に、多くの生徒が手を挙げているのを見て、
違和感を覚えてしまったんです。
この中にいる人、みんなで相手の心の探り合いをするのかと。

そんなことや高校時代の反動もあり、大学では勉強よりも遊びが優先されるようになっていきました。
髪もまるで「スーパーサイヤ人」のように金髪にして、とにかく遊びと呼ばれるものは何でもやりましたね。
ただ、1年もすると遊ぶのに飽きてしまい、それならばと留学しようと思い立ちました。

そして、急いで英語の勉強をして、2年生の時にアメリカに留学に行きました。

身近な人の力になれない