1. >
  2. >

働く人が幸せになれる職場環境を。
歯科医院で院長の妻としてできること。

齋藤 友美さん/歯科衛生士

はてぶ

横須賀市にある歯科医で、歯科衛生士として働きつつ、医院長の妻として経営にも携わる齋藤さん。「今の仕事は家業」と話すようになるまでに、どのような体験をしてきたのか。お話を伺いました。

命の「重さ」に耐えられない

神奈川県横須賀市で生まれました。幼少期は内気で泣き虫でしたが、成長するに連れて活発になり、学校の帰り道木登りをしたり、松葉杖の真似をして傘を折ってしまって母に叱られたり、元気に遊ぶこどもでした。

近くに住む幼馴染の影響で、幼稚園から高校卒業までピアノを習っていました。練習はあまり好きではなく、ポップスの弾き語りなど、自分の気に入った曲を自由に弾くことを楽しんでいました。

医療系のドラマやドキュメンタリー番組を見るのが好きで、特に手術シーンの看護師に憧れていました。中学3年生で、みんなが進路を決める頃、「なんとなく医療系がいいかな」と漠然と考えていて。でも、「医者は私の学力じゃ無理」と思い、目指そうともしませんでした。

ある日、担任の先生に勧められて、看護学科のある高校に見学に行きました。看護学校では、今まで見たことがなかった赤ちゃんの標本を見ました。胎児の標本が、1ヶ月ごとにあるんですよ。胎児が形になった時期のものからなんですけど、3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月と標本が置かれていて。それを見た時に、かなりの衝撃を受けましたね。私、ちょっとこの重みに耐えられないかもと思いました。

怖いというのとも違うような気がするのですけど、逃げ腰になったというか。「なんとなくなりたい」で進んではいけない気がして、自分の責任感に自信がなかったというか。

結局、「高校に入ってから考えてもいいんじゃない?」という母の言葉に納得し、普通高校に進学しました。

歯科衛生士という職業に出会って