1. >
  2. >

逃げることは悪いことじゃない。
高校・大学両方を中退した僕が伝えたいこと。

榊原 正幸さん/学校教育コンサルタント・ライフキュレーター

はてぶ

教育を変革して、多様な働き方を実現させたいと語る榊原さん。現在の思いに至った背景には、自身の高校・大学中退という「レールから外れた」生き方がありました。ご自身の経験から何を思い、何を目指すのか、お話を伺いました。

これなら自分で勉強したほうがいいな

福岡県の春日市という街で生まれ育ち、地元の小中学校を卒業してからは、生徒の大半が福岡大学を目指すような、地元の高校に進学しました。

ちょうと高校生の時に母を亡くしたこともあり、将来の計画は明確でないものの、家計との兼ね合いから、違う大学に行こうと考えるようになりました。

ところが、ある先生が理不尽な連帯責任の宿題を課しており、そんな環境に対して違和感を感じるようになったんです。例えば、座席の列の中で、誰か一人でも宿題を忘れたら、列の全員が罰として古文の単語を300回書くという宿題が出され、最初は、「えー!」と思いながらも、それらをこなしていました。しかし、まともにこなしていたら、それだけで自分の時間をほとんど費やしてしまうし、宿題を無視したらより大きなペナルティになる。

もともと理不尽なことが許せない性格だったこともあり、いつしか、「これなら自分で勉強したほうがいいな」と思うようになりました。

もともと、高校に入ってから自己啓発本等、様々な本を読むようになったこともあり、高校を卒業しなくても社会では働ける、という感覚もありました。そんな背景から、学校で勉強をするのと、自分で勉強をすることを天秤にかけて考えた結果、高校2年生で迷わず退学を決めました。

親も先生も反対しましたが、決心が変わることはなかったですね。

2度目の中退と見つかったやりたいこと