昔から「音」に関心がありました。
カセットデッキを持ち歩き、気に入った音を録音して歩くような小学生でしたね。
最初に始めた楽器はチューバで、小学校の吹奏楽クラブに入ったのがキッカケでした。
第三志望のクラブだったのですが、入ってみるとすごく楽しくて、
中学でも吹奏楽部に入ることに決めました。

初めてギターに触れたのは、中二の時でした。
最初のコードを押さえて弾いた時に、

「あ、俺はプロになれる」

と思いました。
ただの勘違いなんですけどね。(笑)

ギターに触れてからは、もうその奥の深さにハマっていきました。
全校生徒を昼休みに集めて、頼み込んで文化祭を開き、ライブをやったりもしました。

高校では、先輩に憧れて始めたパーカッションに加え、作曲にも手を出すようになり、
もう一日中音楽室にいましたね。僕が鍵を持っていましたから。(笑)