世界60億人、「夢を持つこと」は平等!
トランポリンで五輪を目指した僕の、次の人生。

【7月3日放送 TBSテレビ『SASUKE 2014』特集】 TBSテレビ「SASUKE 2014」の放映までの1週間、another life.にて出場選手7名の人生にフォーカスした特集企画を実施します!  トランポリンパフォーマーとしてトランポリンを多くの人に知ってもらうための活動に取り組む傍ら、SASUKEに出場する長崎さん。トランポリンでオリンピックを目指した現役時代を経て、また次の夢に向け歩み始めています。「“夢を持つこと”は誰にも平等」と話す背景には、どんな想いがあるのか、お話を伺いました。

長崎 峻侑

ながさき しゅんすけ|トランポリンパフォーマー
トランポリンパフォーマーとして活躍している。
TBSテレビ「SASUKE 2014」に出場する。

Facebook
Twitter
公式ブログ
TBSテレビ「SASUKE 2014」
2014年7月3日(木)19時よりTBSテレビにて放映。
※関東および一部の地域では18時57分から放送

人って空を飛べるんだ


小学校の頃から、TVで見た器械体操に憧れがあり、自分もやってみたいと思っていました。

ただ、親に相談したところ、地元茨城では近くに体操を習える環境がなく、たまたま家から10分のところにある、トランポリンのクラブしかない、と言われたんです。

そこで、実際にトランポリンのクラブに行ってみたのですが、衝撃がすごかったんですよね。こんなに大きいトランポリンがあるんだということ、そして、「人って空を飛べるんだ」ということ、誰しもが夢に思うことに限りなく近いことをできることに魅了されていきました。

結局、9歳の僕は、これでいいかなと思い、通うことに決めたんです。本当は、もう少し離れたところに体操クラブがあったらしいのですが、親が送り迎えのことも考えてトランポリンを勧めたら、実際に続けると言うので、しめしめと思ったと話していましたよ。(笑)

最初こそ遊びで始めたのですが、年上の先輩が世界大会を戦っているのを見て、自分も世界を目指したいと思うようになりました。そして、初めて出た全日本年齢別選手権という大きな大会で、10種目の最初の方で失敗してしまったんですよ。

そこから火がつきました。本気でやってやろうと思いましたね。

選手コースに入り、4年生の時に全日本選手権、5年生では初めて日本代表として海外にも行きました。試合の一週間前くらいから口数が減ったと言われるほど、緊張していましたが、
個人でメダルを取ることができ、すごく自信になったんです。純粋に好きで楽しいから打ち込んでいましたね。

中学に入っても毎日トランポリンの練習に没頭する日々でした。練習が夜なので、面白いTVが見られないし、学校で話についていけないのですが、それでも好きなことをやっているから全然よかったんですよね。毎年のように海外遠征に行き、年齢ごとの大会では国内で金メダルをとることもできました。

オリンピックに行くための生活


高校からはワールドカップにも出場し始め、年齢別でなく、トップ選手と同じ舞台で戦うことになりました。そして何より、2000年に、トランポリンがオリンピックの正式種目になったんです。

自分が好きだったスポーツがオリンピックになったことの喜びは、計り知れませんでした。それからはオリンピックしか見えなくなり、そのための生活に変わっていきました。特に、日本は世界の中でもレベルが高いため、国内の最終選考会を通過することが一つの難関でした。

結局、高校までは地元茨城のクラブに所属し、大学からは日本のトップを走っていた中田大輔さんから指導を受けたくて、その練習場から近い国士館大学に進学しました。

しかし、初めての一人暮らしに初めての大学、練習も夜10時から夜中までという環境の変化から、スランプに陥ってしまったんです。

思うようにパフォーマンスができず、逃げ出したくなる気持ちもありました。でも、一息ついて考えてみると、トランポリンを好きでここまで来たのだから、続けなきゃダメだと感じたんです。それからは一皮も二皮もむけ、憧れの選手の指導も加わり、急成長していきました。

ところが、大きな目標であった北京オリンピックの最終選考前、バイクで事故を起こしてしまったんです。結局1ヶ月練習ができず、選考会も2位に終わってしまい、オリンピックへの出場権を逃してしまったんですよ。

オリンピックに行けないと決まった瞬間からは、何をやりたいとも思わなくなりました。練習には出るけど、身が入らず、北京オリンピックも悔しくて見ることができませんでした。怪我のストレスと、選考落選の喪失感で、ぼんやりとしていましたね。

ただ、たまたまTVで国士館の先輩の石井彗さんが金メダルを穫った姿をみて、自分の中でも、色々な思いがこみ上げてきたんですよね。

雨の日、夜練習に向かう道で親に電話をし、

「もう一回目指してみるわ」

と伝えたんです。

後悔の無い引退


大学を卒業してからは、練習を続けるために、色々な人の協力を得て、スポンサーについていただきトランポリンをしていました。

練習と試合が仕事になり、あくまでも好きだからやっているという気持ちは持ちながらも、さすがにプレッシャーは感じていましたね。ただ、トランポリンだけに集中できた分、成績自体は伸びていきました。

次の照準はロンドンオリンピックでした。

実は、このオリンピックに出られなかったら、引退すると決めていたんです。終わりを決めないでずるずる続けていくのが嫌だったし、人生で、もっと色々なものを吸収したいという思いもありました。

何より、今までは大会後に「まだやれた」という感覚を持つことが多かったんですよね。だからこそ、後悔しないよう、今までに無いくらい練習に力を入れました。

そして迎えたロンドンオリンピックの最終選考会、結果は、前回同様あと一つで落選し、僕はトランポリンの引退を決めました。

25歳での引退は競技の中でも早い方ですが、後悔はありませんでした。

気持ちが落ち着いてからは、逆にこれから何をしようというワクワク感があふれてきたんです。やってみたいこと、これまでできなかったことを紙に書き出し、全てやってみました。

総合格闘技を始めたり、居酒屋でバイトをしてみたり、山に登ってみたり。もともと色々なことに関心が強いほうだったからこそ、新しい生活はすごく楽しかったですね。

「夢を持つこと」は平等


トランポリンの引退後も、自分の中で「現役」として取り組んでいるのがSASUKEです。もともとは、中田大輔さんの代理的な立ち位置で、17歳の時に出場したのが最初でした。

あまりTVでは見たことが無かったのですが、実際に参加してみて感じたのは、トランポリンの試合と同じ、一発勝負の独特の緊張感だったんですよね。

初出場で1stステージをクリアすることができ、今までやってきたことが生きるし、自分が輝ける手応えを感じ、SASUKEっていいなという思いが強くなりました。

そして、4回目の出場ではついにファイナルステージに進むことができ、トランポリンと同じくらい練習や研究を行いましたね。

特に、トランポリンの引退後は生活が充実していたものの、「ハラハラ感」がありませんでした。

ただ、SASUKEがあると、生活に張りがあるんですよね。だからこそ、SASUKEに関してはずっと現役で続けたいという思いがあります。SASUKE2014に関しても、「一発勝負」に備え、本気で練習して臨みます。

また、たくさんの人に見てもらえる場だからこそ、 見ている人たちが、自分キッカケで何か変わってくれたら良いなと感じます。

僕は元々夢があったから突っ走って来れました。だからこそ、自分の姿を通じて、日本に夢を与えたいんですよね。そして、その夢はいくつあってもいいと思います。

人間が60億人以上いて、平等なのは「時間」と「夢を持つこと」だと思うんです。

小さいことからでいいんです。一つずつ叶えていくことで、大きな夢も絶対叶うと思うんですよ。

あとは、トランポリンへの恩返しもしていこうと思っています。今はトランポリン・パフォーマーという形で、トランポリンを多くの人に広める活動を行っています。いつかは、競技を引退した人が携われて、大人も楽しめるような場所を作りたいですね。

2014.06.30

SNSでシェアする


感想をクリック

会ってみたい
4

共感した
2

応援したい
5

感想メッセージを送る


記事を作りたい

長崎 峻侑

ながさき しゅんすけ|トランポリンパフォーマー
トランポリンパフォーマーとして活躍している。
TBSテレビ「SASUKE 2014」に出場する。

Facebook
Twitter
公式ブログ
TBSテレビ「SASUKE 2014」
2014年7月3日(木)19時よりTBSテレビにて放映。
※関東および一部の地域では18時57分から放送

記事一覧を見る
fbtw

お気に入りを利用するにはログインしてください

another life.にログイン(無料)すると、お気に入りの記事を保存して、マイページからいつでも見ることができます。

※携帯電話キャリアのアドレスの場合メールが届かない場合がございます

感想メッセージはanother life.編集部で確認いたします。掲載者の方に内容をお伝えする場合もございます。誹謗中傷や営業、勧誘、個人への問い合わせ等はお送りいたしませんのでご了承ください。また、返信をお約束するものでもございません。

共感や応援の気持ちをSNSでシェアしませんか?