中小企業診断士。コンサルコーチ
ングⒸによるファンドレイジング
藤田有貴子
コンサルコーチングⒸによる伴「奏」型支援で、夢や想いをビジョンに翻訳&骨盤矯正→ファンドレイジング(資金調達)を通じて現実化します。
fb
最終更新日 2022.04.02

略歴

1996年慶応義塾大学商学部卒業後、マーケティングリサーチ会社に就職
慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール)に学びながら、経営コンサルタントの元でインターン生活をしながら、年齢立場文化を超えたネットワーク「MUDDLER」を立ち上げる。

2000年修了後、株式会社富士通総研でPPP(public private partnership)について取り組み、国土交通省の観光情報化・交流サイトの立ち上げ及びNPO法人化やPPPニュースの作成、行政のIT活用の事例調査などに携わる。
その後、介護サービス会社のスクール事業、ISP(プロバイダ)企業、ディップ株式会社でマーケティングやISOISMS導入などの調査分析企画業務に携わる。

2016年中小企業診断士登録。株式会社スーパーアプリで新規事業立ち上げ時、経済産業省の新連携補助金の申請から事業運営に携わる。
その後、人材コンサルティング会社、ITスタートアップ企業で企画調査業務を担当。

2021年1月11日ふじたクリエイトスタジオを開業
Webサイト
https://fujita-create-studio.com/
Instagram
https://www.instagram.com/fujitacreatestudio/
プレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000097049.html
ブログ
https://fujita-create-studio.com/2022/04/01/consulcoachingaprildream/
YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Yo3HqetV3yM

具体的な活動

主な事業内容:
①コンサルコーチングⒸによるビジョン、事業計画、人的施策(採用や外部人材活用)支援、企画調査分析・マーケティング
②ファンドレイジング(補助金、財団助成金等)支援
③経営・IT・マーケティング・新規事業コンサルティング、プロジェクトメンバーやCXO人材含む

【「夢を叶えるコンサルコーチングⒸ」について】
「コンサルコーチングⒸ」とは、今までのことと未来を伺って、その過程を時にお話を伺い、時には対話し、時には提案をさせていただきながら、未来のゴールを明確にし、それに至るわくわくする最適解を作っていく、それを続けることで夢の実現に近づける手法です。(コンサルコーチングは、商標申請中です)

以下のようなテーマを想定しております。関係あるグループの方をまとめてお受けすることなどもできますので、この機会をご活用ください。

テーマ例:「いろいろアイデアを思いつくが、日々忙しくて実現できないが、なんとか実現させたい」「やりたいことがあるが、伝えてもわかってもらえない。私のアイデアはおかしいのだろうか」「将来にやりたいビジネスプラン・ライフプランについて転職や複業を含めて、稼ぎつつ夢を叶えるにはどうしたらいいか」「世の中からいじめをなくすためにビジネスとしてできることはないか」「やりたいことがあるが実現するための資金や人材が不足していて困っている」などなど

開催日程:2022年4月11日(月) 午前8時開始 お1人30分程度、不定期開催
実施方法:オンラインにて実施
対象者:①年齢不問、②日本語でコミュニケーションできる方、③夢(やりたいプラン、やっているが進まないプラン、思いが固まっていないが何かされたいプラン)のある方、④夢が叶った!サミット開催趣旨に賛同してくださる方
※参加者には顔を出さない、名前を出さない参加など多彩な参加方法を検討しております。
※人間関係や人生相談については大事な問題なのですが、今回は対象外とさせてください。
費用:無料 ※原則お1人1回とさせていただきます。

参加方法: 当事務所ウェブサイト、あるいは申込フォームでの入力
https://forms.gle/DKBFQKU9ZycNAWx8A

【「夢が叶った! 100人サミット(仮)」について】
今回、叶った夢や間にあった出来事をシェアして、喜びあって、夢を加速させていく場です。
話すのが得意な方、書くのが得意な方、声の大きな人も小さな人も外交的な人も内向的な人もそれぞれが適切な感じでお話できる機会を考えています。
協賛・スポンサーやコラボを募集中です!

開催日程:2023年3月26日(日) 
実施方法:リアルとオンラインのハイブリッドで開催
費用: 実費負担 ※お土産付き

原体験

2020年3月27日よりなんとなく書き始めた、「アフターコロナ、今私にできること」シリーズ。久々にオンラインコミュニティに実現したりして刺激を受け、4月23日参加したオンライン夢を語る会で自分の感性のフィルターをこしたものを発信することで、共鳴することがあるというお話に触発され、それって、自分のやりたいことに近づけるなと思って、100日間発信し続けることを決めました。私は有名人とかではないから多くの人を集めるとかはできないかもしれないれど、愚直に感性を発信し続けてそれに共鳴した人たちと何かいろいろできたり、誰かに文句言うんじゃないかたちで頑張っている人が報われたら面白いなと思っています。

なんでみんなと同じじゃないといけないっていわれるんだろう…なんでそう思わないといけないんだろう…両親はそんなあなたがいいといってくれたけど、学校や社会コミュニティで窮屈な思いをしましたし、人によって発信する内容を変えてきました。一方、年齢立場文化を超えた自由な交流や、声が大きくても小さくても、多少変わっていてもその魅力がいい形でつながって何かいいものを生み出せたらおもしろいなあとおもっていました。
20代のころ、異端児の力を有効活用するともっと世の中楽しくなるんじゃないかと「e-tanji(異端児)ハッピープロジェクト」を立ち上げ、その後、年齢立場文化を超えたネットワーク「MUDDLER」というコミュニティを立ち上げ、私はリーダーシップはないんだけど、かかわった様々な方のお力を借りて実現できました!
そこで出会った、普通のコミュニティでは出会えない、いろいろなところでご活躍されている方々とあいました。今もお付き合いがあり、私にも大事な方々です。ただ、やることとうけることのバランスが悪くて、結構気を遣い、人の悪意やダメージにも結構弱いので、コミュニティを主宰することで起きる責任とセットの負の部分や、自分が出かけられないという不自由さが苦しくて私はそれ以来なにかを主催はしていませんでした。ですので何かのコミュニティを立ち上げたり、フリーや経営者として最前線に活動している方を私は尊敬しています。
今回の新型コロナウイルスで、デジタルシフト、ソーシャルの拡大(人の心を動かしたもの勝ち、本音と建前の繕いは本音をばらされると破綻する、失敗がだめじゃなくて成功でも失敗でも生み出した人が価値がある世界)というような、今の価値観とは違う価値観が生まれているように感じます。これらのことは、たぶん一生懸命誠実に生きている人には結果としていいほうになるんじゃないかって!!


自分のプロフィールをつくりたい 他の人のプロフィールを見る

お問い合わせ| 藤田有貴子さんへ

お問い合わせはanother life. 運営事務局で確認した上でプロフィール掲載者の方にお伝えします。誹謗中傷や営業、勧誘等はお伝えいたしませんのでご了承ください。また、返信をお約束するものでもございません。