井戸聞多 | 公式プロフィール
最終更新日 2020.06.03

四季を楽しめる志賀高原の中で働き方=自然との生き方、を体現し体験を伝えていくリゾートテレワーカー

SNSアカウント

facebook Twitter Instagram

略歴

2006年に富士ゼロックスに入社し主力コピー機を開発するエンジニアとして8年、新卒技術職採用を3年、新規事業開発の生体デバイス開発に3年従事。

2004年から「神奈川タマリバクラブ」というラグビークラブに所属し15年間プレーする中で全国優勝8回、準優勝3回。下手くそがレギュラーを取り、キャプテンになりキャプテンを育てる体験の中で、勝負の実践の中での育て方、チームの作り方、チーム運営の仕方、をあらゆる立場から学ぶ。

2019年4月に会社の仕事をフルリモートにして妻の実家のある長野県山ノ内町志賀高原に移住。移住前の2018年から地域の仕事として志賀高原でアクティビティを提供する「合同会社MOUNTAIN DISCOVERY」の共同創業して戦略立案を担当。また大学発ITベンチャー「株式会社Shinonome」の地方創生事業を立ち上げて志賀高原および山ノ内町で事業を展開。

2019年度は「リゾートテレワーク」という「遊びと仕事の距離をゼロにする」という体験を伝える事業を立ち上げ、志賀高原内にコワーキングスペースを作るプロジェクトを実行し2019年12月に「hiroen-日本で一番星に近いコワーキングスペース-」を開設。新型コロナウイルス感染拡大防止の環境変化に対応してオンラインとオフラインに同時にhiroenを開設し「OMOコワーキングスペース」として山ノ内町の「オンライン関係人口」を増やす取り組みを実行中。

詳細年表

  • 2006
    富士ゼロックス株式会社 入社
  • 2009
    新卒採用へ異動 3年間で技術新卒約300名を担当
  • 2012
    開発エンジニアへ異動
  • 2017
    新規事業開発部署に異動 生体デバイスエンジニア
  • 2018
    合同会社MOUNTAIN DISCOVERYを共同創業者に
  • 2019
    フルリモートエンジニアになる。山ノ内町志賀高原に移住。株式会社Shinonomeの地方創生事業担当になる。

具体的な活動

1.ハードウェアエンジニア
精密機器のハードウェアエンジニアを8年間従事し富士ゼロックス製のコピー機開発から日本が世界に打ち勝つ「すりあわせ開発」を身につける。

2.生体デバイスエンジニア
富士ゼロックスの新規事業で「脳波測定デバイス」に担当者1名で従事。もともとのハードウェアの知見以外にエレキボード開発、通信技術、微小電流のノイズ除去など生体デバイスに必要なあらゆるノウハウを得る。またデータ解析も機械学習などを用いてアルゴリズムを開発し「集中」「リラックス」などを推定可能とした。

3.ITサービスプロジェクトマネジメント
株式会社Shinonomeの事業パートナーとして①機械学習を用いたデータ解析②ブロックチェーンを用いたコンテンツ課金システム開発③電子カルテシステム製造開発、などのプロジェクトマネジメントを実施。
学生を中心としたオール業務委託メンバーのマネジメントを完遂した。

4.地方創生(学生建築プロジェクト)
首都圏の建築学部生が持つ「設計はするけど施工しないで卒業する」という課題と地方の空き家問題解決のために「山ノ内町建築コンペ」を開催。1回目では山ノ内町湯田中の古民家をシェアハウスにする活動として、2回目は志賀高原のコワーキングスペース施工として、大学生30名ほどをマネジメントし自主的なプロジェクト運営に導いた。両年ともクラウドファンディングも実施して材料費交通費を補填して学生が完結できる事業運営を完遂した。3年目として古民家シェアハウス事業を実施中。

5.地方創生(自治体活性化)
山ノ内町との共同事業として次世代管理職候補生と首都圏大学生、社会人とのワークショップを企画運営し、5カ年の総合計画の新規事業アイデアを抽出し提言。2020年度は総合計画作成のサポート事業に携わる予定。また新型コロナウイルスの対応としてGIGAスクール構想実践に向けて山ノ内町教育委員会と協業中。

6.コワーキングスペース運営
コワーキングスペース「hiroen-日本で一番星に近いコワーキングスペース-」を2019年12月に開設。「リゾートテレワーク」という「仕事と遊びの距離をゼロにする」体験を生き方として発信している。

原体験

1.エンジニアとして
主力製品のコピー機開発で開発途中のトラブル。緊急で助っ人に入ってみると原因が根深く自分以外の担当分野を大きく変えないと直らない。変更規模が大きいし時間もかかるし誰もやりたくない道を、自分がやるしか無いと引き受けた。使う人を明確にイメージして産みの苦しみを突き進んだ結果、売上に大きく貢献できた。本当に大変だったがエンジニアとして価値と向き合う大きな経験だった。

2.スポーツ選手として
ラグビーチームで出場した日本選手権、全国大会、国際大会で格上チームに勝とうとする中で、「本気で楽しむためには嘘つきにならない強さが要る」「周りを凌駕する努力とは」「信頼を得る行動」ことを学んだ。

3.地方創生
移住が決まってどう進めていこうか悩んでいたとき、塩尻市の山田さんと会い行動や結果を見る。初対面で「みんなどうせやらないんだよな」と言うのを聞いて「自分でもできるし越えていける」と強く念じ、(まだ越えてないけど)走り続けることが出来ている。

講演情報

メディア掲載情報

【イベント&ツアー開催レポート】Supreme Experience!長野・志賀高原を体感してきた

劇的な環境の変化は、仕事の効率をUPさせる?長野・志賀高原を体感してきた 標高が高く、澄み切った空気が体感できる長野県志賀高原。皆さんは訪れたこと、ありますか? 最高のパウダースノーで、世界のスキーヤ・・・

【オンラインイベントレポート】パラキャリ酒場Online #3 志賀高原と横浜で「二拠点居住」 | ココロココ 地方と都市をつなぐ・つたえる

キャリアについてお酒を飲みながらトークする「パラキャリ酒場」。オンライン開催3回目の今回のテーマは「二拠点居住」。二拠点居住への注目が高まりつつありますが、はじめ方のノウハウや、参考に出来る実践例はま・・・

長野県山ノ内町の「hiroen 日本で一番星に近いコワーキングスペース」 オンとオフをつなげる都市と田舎の新しい交流のカタチ | ココロココ 地方と都市をつなぐ・つたえる

上信越高原国立公園とユネスコエコパークに指定されている志賀高原。その魅力は、質の高いパウダースノーと多様な植生が生み出す美しい自然です。冬はスキーやスノーボード、夏はトレッキングや渓流釣りと、恵ま..・・・

「山ノ内町」 信州リゾートテレワーク 2020

長野県の推進するリゾートテレワーク事業を本物のリゾート地で推進しています。 山ノ内町は志賀高原内にhiroen-日本で一番星に近いコワーキングスペース-を作り、 「遊びと仕事の距離をゼロにする」体験・・・

メディア出演情報


自分のプロフィールをつくりたい 他の人のプロフィールを見る

お問い合わせ|井戸聞多さんへ

お問い合わせはanother life. 運営事務局で確認した上でプロフィール掲載者の方にお伝えします。誹謗中傷や営業、勧誘等はお伝えいたしませんのでご了承ください。また、返信をお約束するものでもございません。