冨田梨花 | 公式プロフィール
最終更新日 2020.09.03

看護師 / 唎酒師

SNSアカウント

facebook Instagram

略歴

病院看護師として働く傍ら、日本酒と日本文化のアンバサダーを務める。

1992年、埼玉県戸田市出身。
小中学生の頃より、福祉施設でのボランティアや、NPO法人 日本国際ボランティアセンター(Japan International Volunteer Center)での北東アジア国際協力、戸田市の姉妹都市・オーストラリアのリヴァプールとの交換留学等を経験し育つ。

普通科でありながら農業・酪農ができる高校に進学し、自分で育てた牛や豚を食した経験から、命の大切さを肌で感じ看護師を志す。
看護師国家資格を取得し、病棟看護師として働くと同時に、フードアナリストの資格を習得し、食文化について学び始める。

食文化の学びを深める中で、地域の風土を活かして醸される日本酒の魅力に気づく。
大好きな日本酒を通しての地域振興を目指し、日本酒と日本文化のアンバサダーを選出する「2019 Miss SAKE 最終選考会」に埼玉代表として出場し、応募総数1000人の中から準グランプリを受賞。
看護師の仕事と並行し、ラグビーワールドカップをはじめ、各省庁イベント、日本酒・日本文化・農業イベントなど、年間で約70件のイベントに出演した。

具体的な活動

《保有資格》
看護師国家資格、唎酒師、フードアナリスト、食生活アドバイザー

●看護師向けイベントの企画・運営
具体例:現役看護師たちによるナースウェアのファッションショー「Nurse Happy Collection 2015」にて広報を担当し、ホームページとSNSを管理。シャングリ・ラ ホテル 東京にて500人を動員。https://arrowship.wixsite.com/nhccc

●看護師向けコンテンツの監修
看護師転職サイト内に掲載するコラムの監修、及び、看護師向けアプリ開発の監修。
具体例:リクルートが運営していた看護師転職事業「ナースフル」サイト内のコラム「ナースが教える仕事術」の記事の監修

●各種イベントでの看護師スタッフ
アメリカ心臓協会(AHA: American Heart Association)と正式に提携した国際トレーニング組織「日本ACLS協会」にて、心停止後の救命の基礎である一次救命処置「BLSプロバイダー」受講。
各種イベントでの出演者や来場者の健康管理や応急処置。
具体例:子供向けバイクレースイベント「ストライダーカップ」にて救護スタッフhttps://www.strider.jp/cup/

●2019 Miss SAKE 準グランプリ
伝統ある日本酒と日本文化の魅力を日本国内外に発信する美意識と知性を身につけた親善大使(アンバサダー)を選出するコンテスト「ミス日本酒(Miss SAKE)」にて、2019年度の準グランプリ受賞。
年間約70件のイベントに出演し、トークショー・司会・プレゼンターなどを務める。
公式ホームページ
https://www.misssake.org/
個人プロフィールページ
https://www.misssake.org/2019-miss-sake-finalists/saitama-rika-tomita/

原体験

看護師である母の背中を見て育ち、自分自身も看護の道へ。
しかしリアリティショックの連続に悩み苦しみ、そのストレスを大好きな日本酒で癒す新人看護師時代を過ごしました。

そんな中、若手看護師が過労死をしたニュースを受け、看護師自身の健康が危ぶまれている現状に危機感を感じ、そして何より「自分自身も変わりたい」という想いを抱き、自分の職に誇りを持ち、働き続けるためにはどうすれば良いのかと考えはじめました。

このような想いから、看護師向けのセミナーやイベントの企画・運営、Webコンテンツの監修に携わって参りました。
しかし同業者以外への発信能力が著しく足りていないと気づかされ、ミスコンテストというものに関心を持ちはじめました。

そんな中、数多くあるミスコンテストの中でも「日本酒」という、自分の好きなことを強みとして発揮できる「ミス日本酒(Miss SAKE)」コンテストに出会いました。

伝統ある文化・観光資源としての地酒と酒蔵の魅力を多くの方々に発信することは、地方創生と日本の再興に繋がり、社会貢献になると感じています。
日本医師会の催し物にて、看護師 兼 2019 Miss SAKE 準グランプリとして、「地方創生と地域医療」について意見交換する場も頂戴致しました。

一看護師である自分が、ライフワークバランスを大切にし、このように挑戦する心を持ち続けることによって、世の看護師たちが、自分のやりたいことに正直な気持ちを持ち、生き生きと働き続けることができる風潮作りの一助となれたら幸いです。

そして今後は唎酒師として、人生の転機を与えてくれた日本酒文化への貢献を、目指して参ります。

メディア掲載情報

地酒応援団「新春の集い」:時事ドットコム

埼玉県の地酒愛好家らでつくる「埼玉地酒応援団」の新春の集いが開かれ、19ミス日本酒準グランプリの冨田梨花さんも地酒PRに駆けつけた。・・・

埼玉34蔵の地酒、一堂に:時事ドットコム

埼玉県内にある34の全蔵元から地酒を集めた「大試飲会」が、さいたま市で開かれた。 ・・・

地酒応援団が総会:時事ドットコム

埼玉県の地酒愛好家らでつくる「埼玉地酒応援団」の総会が開かれた。総会には上田清司知事をはじめ、同県戸田市出身で19ミス日本酒準グランプリの冨田梨花さんも地酒PRに駆け付けた。・・・

【取材レポ】『第1回 和酒フェス@大阪ベイタワー』初開催!950人が和酒で乾杯!

11月9日(土)、関西初開催となる第1回和酒フェス@大阪ベイタワーを取材しました!ゲストは2019ミス日本酒 準グランプリの冨田梨花さんが和装で華やかに登場して会場に彩りを添えていました。・・・

メディア出演情報


自分のプロフィールをつくりたい 他の人のプロフィールを見る

お問い合わせ|冨田梨花さんへ

お問い合わせはanother life. 運営事務局で確認した上でプロフィール掲載者の方にお伝えします。誹謗中傷や営業、勧誘等はお伝えいたしませんのでご了承ください。また、返信をお約束するものでもございません。