子どもの笑顔を増やしたい。
理想の保育を目指して移住。

堀江 美由紀(ほりえ みゆき)さん/保育園・ベビーシッター事業運営

はてぶ

【広島県提供:「広島移住で始まった、新しい人生」特集】広島県広島市で保育園・ベビーシッター事業を運営する堀江さん。幼い頃に弟を亡くしたことで、子どもの笑顔を作ることが人生のテーマになった、といいます。東京で仕事や子育てをしていた堀江さんが、38歳で広島に移住し、起業することを決めた背景とは。

子どもの笑顔を作りたい

東京都北区に生まれ、埼玉で育ちました。5人姉妹の長女で、末っ子とは10歳離れています。小さい頃から、ずっと妹の面倒を見ていましたね。遊びの相手をしたり、授業参観へ行きました。親の代わりに参加するのは、全く抵抗がありませんでしたね。妹たちから頼りにされていました。クラスでは学級委員になるタイプでした。昔から世話好きで、人のためになることが好きでした。

3歳の時、生まれてまだ半年経たない弟が亡くなりました。あまりはっきりとは覚えていませんが、弟が入院していた病院のロビーの風景が記憶にあります。母について病院に行くと、弟は、新生児が入るプラスチックケースの中で、たくさんの管につながれていたのをおぼろげに覚えています。

それから大人になっていく中で、「生きたくても生きられない子がいるのだから、せめて生きている子は幸せになってほしい」と思うようになりましたね。弟のことが影響しているんだと思います。「子どもの笑顔」が私のテーマになりました。

高校で将来のことを考えていた時、父の仕事だったタイル職人に興味を持ちました。父の仕事現場によく連れて行ってもらいまして馴染みがありましたし、住まいと子どもの笑顔はつながっていると思ったんですね。例えば、コンクリートの壁の家に住む夫婦は、離婚率が相対的に高いという調査もあるんです。

ただ、タイル職人は体力勝負です。私は、住宅全体を作る建築士を目指すことにしました。笑顔で暮らせて、家族が仲良くなる住宅を作りたいと思いましたね。資格を取るべく、高校卒業後は建築の専門学校に進みました。

学校の授業はどれも楽しかったですね。クラスメイトは図面を速く描くのですが、私は丁寧にゆっくりでした。そのため宿題は毎日徹夜でしたね。丁寧に進めることが大切だと思っていました。

専門学校卒業後、大手ハウスメーカーに就職しました。有名企業で安定していること、大きな会社には新卒の今しか行けないとその時は思ったので、迷わず決めました。

子どもの意志を尊重する保育がしたい

シェアして応援