1. >
  2. >

コピーライターから事業作りへ!
可能性はこんなもんじゃないと思うんです。

後藤 亮輔さん/Webメディア編集長

はてぶ

「オトナこそ、カラダを動かすことを楽しんでほしい」というコンセプトで、スポーツを楽しむ人を増やすためのメディア「STANDS! by All Sports community(以下、STANDS!)」を運営する後藤さん。コピーライターとしてのキャリアを積みながら、事業会社にて新規メディア立ち上げに挑む背景には、自身が育った業界を取り巻く環境への、強い思いがありました。

内定辞退、2回目の就職活動

軟式テニスに明け暮れた中高時代を経て、大学に入ってからはビジネスに関心を持ち出しました。父親が経営者だったこともあり、経済の話などをする中でビジネスに関心をもつようになったんですよね。大学に入ってからは当時まだメジャーでなかったインターンをしたり、学生起業をしている友達の会社を手伝ったりしていました。

就職活動の時期になると、ベンチャー企業を見て回っていました。「3年働いて独立しよう」と、ぼんやり思っていたんですよね。見ていく中で、勢いがあったベンチャーに入社することに決めました。何か自分で起こせそうな気がしたんですよ。

その後、早速内定者の時からインターンを始め、営業の仕事に携わりました。ところが、なんだか会社の雰囲気や仕事の内容が、思っていたイメージと違ったんです。結局、半年インターンをした後に内定を辞退して、翌年もう一度就職活動を行うことに決めました。

ところが、翌年になりもう一度就職活動を始めたのはいいものの、全く内定が決まらなかったんです。当時は売り手市場だったのに、どこも通らなかったんですよ。

自分のことがわからないこともあり、とにかく色々な会社を受けたのですが、どこか慢心があったんだと思います。らちがあかなくなり、ふと思い立ち、西日本を一人で回る旅にでることにしました。

自分の好きなことを本気で追いかける