僕は、千葉県千葉市で生まれ育ちました。小学校の頃から勉強も運動も他の子より優れていたので、常に上位だったものの、何かに突出していたわけでもなく、だいたいどれもが3番や4番でした。いわゆるオール5ではなく、オール4の子どもでしたね。

そして、そんな風に1番ではないことに、僕自身強い劣等感を抱いていたんです。ある程度はそつなくこなせてしまうため、できないことを自分が認められなかったんですよね。そのことに変なプレッシャーを感じてしまって。

例えば、苦手だった美術では、作品を最後まで提出しないで逃げたり、自分が主役になれないことはしない、ということを徹底するようになりました。地元の友達は僕のことを短気だと思っていたような気がします。(笑)

また、小学校4年生からはミニバスケットボールのチームに入りました。最初は、流行っていたという理由でチームに入ったのですが、気づけばどんどんのめり込んでいきました。小さい頃から、一瞬の集中力はあったんですよね。

そして、中学校に上がってからもバスケ部に入り、周囲より身長が低い中、レギュラーとして活躍することができたんです。ここでも3,4番手でしたが(笑)

「バスケのプロになりたいなあ」と夢を見ることもありました。

そこで高校受験の際には、全国でもバスケの名門の市立船橋高校に進学しました。強いチームに行けば、自分の実力も自然と上がると思ったんです。

しかし、実際に入学してバスケ部に入ってみると、周りの人たちのレベルが高すぎて、愕然としました。僕の代は僕以外全員180cm以上という環境で、200cmクラスの人もたくさんいたんです。164cmという身長と自分のセンスでは、どう足掻いても無理でした。

それでも、諦めたくないという思いも強く、「今活躍できなくてもいい、後で活躍すればいいんだ」という気持ちを胸に抱え、モヤモヤしたまま高校生活を終えました。

半ば逃げもあったと思います。今努力しなくても、後でまとめて努力すればいい、そんな感じでした。

高校卒業後もバイトしながらバスケをする生活が続きましたが、ほどなくして自分のセンスのなさに気付き、別の道を探すことになりました。

ただ、オール4の人生だったので、自分の周りの世界の中では何でもできて、みんなにすごいと言われることが普通になっていて、逆にそうでないと嫌だと感じていたんです。