another life.最新イベント情報はこちら!
  1. >
  2. >

過去と未来をつなぐ事業に力を注ぎたい。
57歳の私が写真ビジネスで独立した理由。

西村 克彦さん/写真のデジタル化事業運営

はてぶ

大手事務機器製造メーカーを退職し、アナログ写真を高精細にデジタル化し、名前やコメントの付与ができるサービスを立ち上げている西村さん。57歳で大手企業を辞め、独立の決断をするに至った背景をお伺いしました。

技術者になる

私は山口県下関市の特牛という片田舎の漁師町で生まれ、
小学校3年生の頃からは家族の病気もあり祖父母の元で暮らすようになりました。

宇宙が好きで、祖父が技術者だったことも影響し、夏休みの工作では自分で簡単なプラネタリウムを作って県に表彰されたこともありました。
また、家電製品に興味があり、テレビや冷蔵庫が動く仕組みに興味を持っていて、
将来は自分も技術者になりたいと思っていました。
カメラも好きだったので、高校では写真部に所属していましたね。
そして、将来は天文学者になりたいと考え、理論物理を学ぶ大学に進学することにしました。

大学では、場の理論を勉強し、ゼミにも所属していたのですが、
教授に理論物理学や天文学者では食べていけないと言われてしまったのです。
そこで、天文学者になれないのであれば、天体望遠鏡を作るのも良いと考え、
大学院は工学部に入り、応用物理学を学ぶようになりました。

ただ、就職の時期になり、最終的に入社したのは研究室の先輩から紹介してもらった、
旭光学工業株式会社(ペンタックス)という会社でした。
研究室からの就職は先輩や教授の繋がりで決まることが多く、天体望遠鏡を作る仕事ではありませんでしたが、
東京で働くということで、上京した際には「ここで生きていくんだ・・・」と、ブルッと武者震いしましたね。

電子写真開発に打ち込む