富山県で生まれました。キジの鳴き声で起こされたり、産卵を目撃したりするような田舎でしたね。近所に男の子が多かったことから、よく外で段ボールの秘密基地を作って遊んでいました。

小学生になると、ある女性歌手に憧れるようになったんです。彼女のように可愛く、派手な服を着たいと思いましたが、富山にはそんな服は売っていません。オシャレなものがたくさんある東京に憧れ、テレビの情報番組を見ては、いつか上京したいと思うようになりました。

地元の中学を卒業後、県内の進学校へ入学。真面目な生徒が多い中、私はダサい制服が嫌で、スカートを短くして髪を染め、ピアスも開けていました。よく先生に怒られていましたね。東京の高校生はオシャレしているのに、なんで私の通う高校はダメなんだろうとモヤモヤしていました。

勉強は好きではなかったです。特に将来の夢もなく、大学に行きたい気持ちもありませんでした。ただ、東京には行きたかったですね。東京で一人暮らしをしている姉のところに遊びに行く度に、憧れが募りました。

結局、上京を目指し、周りに合わせて大学受験することにしたんです。特に学びたい学科がなかったので、先生に勧められた経済学部を受験。無事に合格し、憧れ続けていた東京での一人暮らしがスタートしました。