1. >
  2. >

面白いことを世の中に発信していく!
女子サッカーに燃え尽きた私の次なる挑戦。

八木 彩香さん/面白いことを記事として発信する

はてぶ

フリーのライターとしてWEBメディアで執筆や編集、企画等を行う八木さん。学生時代は女子サッカーに打ち込み、二度の全国制覇も経験。なでしこリーグからのオファーもありました。そんな八木さんが就職、そしてフリーランサーになるには、どんなきっかけがあったのか?お話を伺いました。

女子サッカーにのめり込んでいく

私は東京の吉祥寺で三姉妹の末っ子として生まれました。勉強や自分の容姿で勝負するタイプだった姉たちとは対照的に、私は小さな頃から運動が得意でした。幼稚園生くらいの頃から空中逆上がりをするほどでしたね。そのため、スポーツも、何をやってもすぐにできてしまいました。

しかし、サッカーだけはそうはいきませんでした。手ではなく足を使うので、努力しなければ上手くならなかったんです。そして、サッカーの上手な男友達に誘われ、小学4年生の時からサッカーチームに入りました。

すると、すぐに熱中するようになり、中学生になってからも地元の女子サッカーチームに入ることにしました。正直、それまで男子に混ざってプレーしていたし、10番をつけるほどの実力だったので、女子の中では負ける気がしませんでしたね。

ところが、実際に練習をしてみると、周りのレベルが高過ぎて全く通用しなかったんです。その現実にショックを受け、練習に行かなくなってしまいました。

ただ、しばらくすると、活躍できていない自分、練習をサボっている自分がすごく嫌で、自分を好きになるためには練習するしかないと気づいたんです。そして、練習に参加するようになり、徐々に試合にも出られるようになり、レギュラーとして全国大会にも出場できました。

高校も推薦で進学し、女子サッカーの名門だった十文字高校に通うことにしました。毎日サッカーに明け暮れる日々で、授業中は先生の話は聞かずに寝てばかりでしたね。ただ、負けず嫌いだったので勉強もしていて、授業を聞かないわりには常に成績は良く、先生からしたら嫌な生徒だったと思います。

全国大会で3位まで進み、U-17の日本代表候補選手にも呼ばれ、サッカーでの結果も出していました。そして将来は、なでしこリーグでプレーしたいと思いながら、早稲田大学のスポーツ科学部に進学してサッカー部に入りました。

見えてしまった天井と、他の世界への興味