岐阜県関市で生まれました。地元はとても田舎で、子どもの頃は山の中を探検したり秘密基地を作ったりと、外でばかり遊んでいました。冒険することが大好きで、知らない山や川に行って虫を採ったり魚を捕まえたりしてましたね。小学生になってからは、大阪まで新幹線で一人で行ってみたり、名古屋まで自転車で一人旅をしてみたりと、チャレンジの規模が少しずつ大きくなっていきました。とにかく知らない世界、外の世界が楽しいなという感覚でした。

小学3年生のときに、家族でラスベガスに旅行に行きました。父はカジノに、母と姉妹は買い物に出掛けてしまい、僕は一人、ホテルのバーでビリヤードをするアメリカ人のお兄さん達を「かっこいいな〜」と思いながら見てたんです。そのうち彼らが「一緒にやらないか」と声をかけてくれて、嬉しくなって交ぜてもらうことに。英語は全く話せなかったので何を言ってるか分からなかったんですが、とにかくお兄さん達が格好よくて、彼らと一緒にビリヤードをしたその時間がすごく楽しかったんですね。「世界は広いんだな、会ったこともないような人達がたくさんいるんだな」という衝撃を受けて、海外への強い憧れを抱きました。

旅行を終えて岐阜に帰ってみると、自分が生きている世界がすごく狭いものなんだと気づきました。いつかもっと広い世界に出てみたい、遊んでくれたお兄さん達と対等に話したり仕事したりできるようになりたいと考えるようになりました。海外への憧れはどんどん強くなり、母に頼み込んで英会話教室にも通い始めました。ただ、勉強はあまり好きではなくて、成績も悪かったですね。

中学生になって進路を考え始めた頃、周りの大人を見てみると自動車関連の仕事に就いている人が多くいました。地元は自動車会社の孫請け企業や製造工場が多い街で、将来は自動車関連の仕事に就くのだという友人も多くて。ただ僕は、自動車の仕事にも魅力を感じる一方、外にはもっと多くの選択肢や可能性があるのではないかと感じていました。このまま地元に残ると将来が限定的になっちゃうんじゃないかという危機感があったんです。海外には広い世界があることも知っていたし、海外への憧れも変わらずに強かったので、海外の高校へ進学することにしました。

とはいえ、周りに海外の高校に行こうとしている人はおらず、情報もほぼ無い状態。中学の先生にも、進路指導の時間に「海外なんかに行って、もし諦めて帰ってきたらただの中卒だぞ。それでもいいのか」と言われて。正直本当に不安でしたね。留学したいと伝えた当初は親も当然反対しましたが、でもやっぱり諦められなくて。インターネットを使って必死に情報収集をしました。調べていくうちに、個人的に若者の進学を金銭面から支援してくれる篤志家から奨学金をもらって進学する方法があることを知りました。

その情報を得た後は、両親に「なぜ海外の高校へ進学するべきだと思うか」を毎日プレゼンしてなんとか説得。資金面も、両親からの支援も大きいですが、インターネットを使って全額ではないにせよ多額の奨学金を出してくれる人を見つけることができました。その方からオーストラリアへの進学を進められたこともあり、高校からオーストラリアに進学できることになりました。