1. >
  2. >

顧客志向の姿勢こそ、サービスの原点。
社会課題の解決と企業活動の融合を目指す。

倉増 京平さん/情熱に狂った人の支援

はてぶ

広告会社で働きながら、社会課題を解決する団体にも関わる倉増さん。「東京で成功したい」と野望に燃える青年が、社会や次世代のための活動に目が向くまでには、どのような体験があったのでしょうか。お話を伺いました。

自由な東京で生きたい

大阪府八尾市で生まれ、堺市で育ちました。小さい頃から勉強も運動も苦手で、ぼーっとした子どもでした。好きだったエレクトーンを弾いている時は現実感があるんですけど、他の時間は、意識が薄いというか、ふわふわしているというか。3月生まれだから周りの人よりも成長が遅いのかな、なんて思っていましたね。

ところが、その違和感は中学生、高校生に成長しても変わりません。むしろ、周りとのズレは大きくなりました。自分以外の人が何を言っているか分かりませんし、気づけば、周りから誰もいなくなっていたように思います。

集団でいるのが苦しい。どうして周りと違うのか分からない。殻に閉じこもってしまい、高校はほとんど行きませんでした。

その代わりに、アルバイトばかりしていました。お金を稼ぐのは楽しかったんです。幼い頃から早く自立するようにと言われていた影響かもしれません。将来ひとりで生きるために、お金を貯めようと思っていましたね。

高校卒業後は東京に出ようと思っていました。将来の夢があったわけではなく、漠然とした憧れです。僕の名前「京平」には「京(国の中心)を平和にする」という意味が込められているので、都心で国のために働くべきだという、使命感のようなものもありましたね。とにかく、都会に出たら何か変わるんじゃないかと思っていたんです。

東京に出るためには理由が必要だったので、東京の大学を受験することにしました。不合格になりましたが、東京で浪人生活をさせてもらうことになり、これまでの地方での窮屈な環境からやっと抜け出せると思いましたね。

自由な東京で自分の人生をデザインできる。そんな気持ちで、上京したんです。

成り上がりたい。負け犬にはならない