「美容師は髪しか切れない」の壁を壊す。
培った知識とITで切り拓く、新しい可能性。

木村 直人さん/美容師

はてぶ

美容師として現場に立つ傍ら、培った知識を活かし、5つの媒体への寄稿等を行う木村さん。「美容師の可能性を広げる活動がしたい」とお話する背景にはどのような思いがあるのでしょうか?

おせっかいな地元を離れ、東京で美容師に

岡山に生まれ、高校生まで地元で育ちました。高校では授業に出るのがだるく感じ、100日以上休むような具合で、入っていたバスケ部を辞めて、チンピラの集合体みたいな応援団に所属していました。

学校もそうですが、地元自体があまり好きでなかったですね。いわゆる「おせっかい」な文化があり、地域内の噂話があったり、近所のおばさんから「将来どうするの?」と声をかけられたりと、元々関わられるのが好きでない僕は、「早く地元を出て、東京に行きたい」と感じていました。

そこで、もともと両親が美容師だったこともあり、東京に行く口実として、東京の美容学校に通い、美容師になることにしました。正直、仕事を継ぎたいという気持ちはあまりなく、地元を出たいという気持ちが強かったです。

その後、上京し専門学校に入ってからは、高校時代とは対照的に、「仕事をするんだ」という感覚を持つようになり、皆勤で学校に通っていました。不器用だったこともあり、上達スピードは遅かったですが、充実した環境は期待通りでしたね。

その後、親から勧めてもらった専門誌等を参考に、「ここで働きたい」と感じた大手のサロンの選考を受け、就職することに決まりました。原宿の大型サロンということで、20倍を超える倍率だったので、合格した時はかなり嬉しかったです。

その後、実際に美容師として働き始めてからは、やはりレベルが高い人が多く出遅れていましたが、素直に数をこなそうと割り切り、とにかく練習をしていました。自分を抑えることなく、感情を出せる環境だったこともあり、辛いと感じることはありませんでしたね。

『air』への移籍

シェアして応援