田舎で親子孫三世代が過ごせる町をつくる。
日本一忙しい小児科医の挑戦。

鈴木 幹啓さん/小児科医・三世代が暮らせる町づくり

はてぶ

日本一忙しい小児科医として、1日平均200名近くの診察を行う鈴木さん。医師として多忙にもかかわらず、親・子・孫の三世代が集まれるような地域づくりにも力を注ぎます。小児科医がなぜ町づくりに挑むのでしょうか。お話を伺いました。

理容師ではなく、医師に

三重県伊勢市で生まれました。父は理容店を経営。父方、母方どちらも生粋の理容師家系で、私も将来は理容師になると思っていました。中学卒業後は理容系の専門学校に進もうと考えていました。

ただ、勉強は得意で、通知表の評点は5段階評価でオール5だったので、先生や親は私に「進学してほしい」という想いがあったようです。

勉強が得意になったのは、祖母の影響があります。両親の仕事が忙しくて、小さい頃は祖母の元に預けられました。祖母は、私を連れて散歩に行くと、近所の人に「この子はいい子なんだよ」と私を紹介しました。祖母に言われ続けるうちに、自然と「いい子にしてなきゃいけないのかな」と思うようになり、学校でいい子にしていると、勝手に成績が上がっていきました。一度いい成績をとり、周りから「優等生」と見られ始めると、その状態を変えたくないと思い、好成績が保たれていました。

中学生になると、親や先生の気持ちを考え、理容師以外の進路を考え始めました。親には「医者になるなら、床屋にならんでええよ」と冗談っぽく言われました。医師をかっこよく描いたテレビドラマを見たり、医師の物語を読んだりするうちに、本当に医師になりたいと思うようになりました。医師こそ本当の意味で世の中に求められる仕事だと感じたんです。医師に憧れを抱くようになると、他の選択肢は一切見えなくなりました。

医学部に進むために勉強に打ち込み始めましたが、中学時代は勉強があまり面白いと思いませんでした。どんなに頑張っても100点以上の結果が出ませんから。100点を取ってしまうと、その先に目指す目標がありません。しかし、高校に入ってからは、学校だけでなく全国模試などもあって、どんどん上を目指せます。上限がない環境で上を目指し続けるのが面白くて、勉強する深みにはまっていきました。

卒業後、一浪の末、自治医科大学に進学しました。自治医科大学は各都道府県が出資している大学です。学費は奨学金で賄われるのですが、その代わり、医師になったら各都道府県の医師不足の病院に戻ることが求められます。この時、将来は地域の病院で働くという進路が決まりました。

耐えられない子どもの死

シェアして応援