親友の他界が僕の人生を変えた。
総合商社を辞め、技術ベンチャーを起業。

中川 達生さん/データ解析技術を用いた会社の経営

はてぶ

【日本アイ・ビー・エム提供:オープン・イノベーションを生み出すエコシステム特集】短い人生を悔いなく過ごす、シンプルにやりたいことをやる。そのために、起業の道を選んだ中川さん。商社を辞めて、メンタルヘルス事業に取り組もうと考えた背景とは。お話を伺いました。

野球漬けの日々

大阪府で生まれ、奈良県北葛城郡で育ちました。法隆寺がある町の隣町です。活発で目立ちたがり屋な性格で、授業中には手を挙げたかと思えばボケたりして、人を笑わせるのが好きな子供でした。

小学2年生の時に野球を始めました。中学も野球部で、県大会では準優勝。高校はいわゆる野球の強豪校ではなく、兄が通っていて楽しいと聞いていた公立高校を選びました。

高校でも野球に打ち込み、甲子園を目指して3年間野球漬けでした。キャプテンでしたが、個人的にもチームとしても全く良い戦績が残せず「やりきった」という感覚を持てませんでした。大学は野球の強いところにしようと考え、国立ながらに大学野球の一部リーグに所属している神戸大学を目指しました。

高校3年の学内模試で最下位になったぐらい成績が悪かったので、必死に受験勉強をしましたよ。一浪の末、神戸大学工学部に合格しました。

意気揚々と硬式野球部に入ったのですが、後にプロ野球選手になった選手がいるぐらい部員は上手い選手ばかり。僕は肘を手術して1年ほど棒に振ったこともあり、野球人生で初めての補欠でした。結局、練習練習の日々で野球一色。レギュラーではなかったですが、とても楽しく充実していましたね。

大学卒業後は、インフラを作るような大きな仕事をしたかったので、機械メーカーに入社し、希望通り電力プラント設計の部署にエンジニアとして配属されました。

入社して2日目に、TOEICを会社で受けました。結果は300点半ば。入社前から仲良くしていた同期は、800点を超えていました。「すごいな。なんでそんなに点ええの?」と聞くと、「勉強したに決まってるやん」とサラッと返ってきました。

よく一緒に遊んでいた同期だったので、僕にとっては衝撃の一言でした。遊んでいるように見えても、できる奴は努力している。社会人になってからも勉強せなあかんなと。

それから、仕事後や休日は家でひたすら英語や技術を勉強。その結果、数年かかりましたが僕のTOEICも800点を超えるようになりました。

メーカー技術者から海外営業の商社マンへ

シェアして応援