1. >
  2. >

人生が先に行けば行くほど、楽しくなる。
人は変わる、日本を変えられると信じて。

目黒 友佳さん/アクセラレーター

はてぶ

始動 Next Innovator CH】「自分が変わった様に、人は変わります。」「自分に合う、合わないを取捨選択できる様になって楽しくなってきました。」自殺寸前まで行きついた経験を経て、大企業でチャレンジできる環境づくりを目指す目黒さんのこれまでとは?お話を伺いました。

「みんな同じ」の息苦しさ

福島県の会津若松市に生まれました。3歳ぐらいの頃に福島市に引っ越して、そこで育ちました。

小さい頃から色々とうまくいきませんでした。時間が守れなかったり、規律的な行動ができなかったり。集中できることとそうでないことが極端で、勉強とか得意なことはすごくできるんですけど。

悪目立ちするというか、変な所がありました。田舎の福島では、学校でちょっとでも違う意見を言ったり反抗したりすると、廊下にずっと立たされたりとか制裁があったんです。ちょっと息苦しく感じていました。

小5の時に父親の仕事の都合で東京に転校して、大きな転機になりました。入った中学校が、公立なんですが、すごくのびのびしていて、変な子に対するいじめとかなく、私服で校則もゆるくて、すごく自由でしたね。私が少し変でも、変なところを吸収する様な、そんな学校でした。

中学3年生で福島に戻りました。転校の初日に、まだ届いてなくて、中学校のバッジをつけていませんでした。つけていないといけないバッジをしていないっていうだけで、先生に耳を引っ張られて職員室に連れて行かれたんです。カルチャーショックというか、びっくりしました。

その日は雨だったんですが、私以外みんなビニール傘でした。ビニール傘が当時校内で流行っていて、ビニール傘じゃないとおかしいっていう雰囲気。私だけがローファーを履いていて、他の人はみんなニューバランスかコンバースのスニーカー。みんな同じ。面食らってしまって、衝撃的でした。

そこから、表面上は周囲と仲良くしつつ、趣味の世界に入り込んでいきました。

高校に行っても同じでした。完全にオタクの世界、二次元に入り込んでいました。漫画や小説を書くのが得意だったので、同人誌を作って売っていたりしました(笑)成績はずっと良かったんですけど、学校の中では浮いていたかもしれませんね。始業時間に間に合わなくて、そのまま学校に行かなかったりとか。ふらっと一人で美術館や映画館に行ってしまうとか。

父親は規律的な人間だったので、時間に間に合わないのは努力不足だと、毎日怒られていました。自分でもそう思っていました。

家でも学校でも、あんまり受容されていない、そんな感覚でした。ダイバーシティがあるところに早く行きたい。安心感を早く得たい。そう思っていました。

東京に行きたい、本や漫画が好きという理由から、お茶の水大学文教育学部に進みました。

ストレスが積み重なり、破綻した生活