幼なじみの自殺が自分を変え、挑戦の契機に。
「生まれ変わりたい」と思える社会を目指して。

近藤 雄太郎さん/メンタルヘルスのマッチングサイト運営

はてぶ

心のケアを必要とする人が、心の専門家である臨床心理士と繋がることができるマッチングサイトを運営する近藤さん。何も主体的に選択しない性格が、幼なじみの自殺を機に一転、やりたいことに積極的に挑戦するように。30歳までは失敗したもん勝ちという考えから、もう一度幼なじみが「生まれ変わりたい」と思う社会のために独立を決めた背景とは?

初恋の女の子の自殺と、何もしない自分への後悔

私は東京都杉並区に生まれました。小さいころから恵まれた環境の中で物を与えられて育つタイプだったので、自ら何か主体的に行動をすることはほぼありませんでした。その後、私立の中学校に入学するものの、不良が多い学校に通っていたため、盗難やいじめが頻繁に起こる環境の中に身を置きながら毎日を送っていました。

そんな中、中学3年生の夏休みの最終日、幼稚園からの幼なじみであった初恋の女の子が自殺したことを知りました。友人・家族関係や薬の使用などが原因でしたが、彼女が亡くなったちょうどその日に一枚のファックスが届き、自ら命を絶ってしまったことを知っても、現実を受け入れることができないというか、本当に信じられなかったですね。どうして彼女はそのような方法を選んでしまったんだろう、という気持ちもありましたが、何よりも一番に後悔したのは、彼女に何もしてあげられなかったことでした。

私は小学校卒業後に引越しをしたため、彼女とは疎遠になっていたものの、手紙で連絡をもらったことがありました。しかし、嬉しく感じながらも、返事をつい後回しにしてしまい、結局返さずにいたんです。もしも、私がその時彼女にすぐに返信をして会っていたら、彼女は自殺の選択肢を選ばなかったかもしれない、と感じてしまいました。

彼女の自殺後、自分が何もできなかったことへの後悔から、今まで萎縮していた内向的な自分を変えたいと、生まれて初めて考えるようになりました。そして、その手段として高校受験を考えるようになったんです。私が通っていた学校は、中高一貫の私立校だったため、環境が変わる不安があり、担当の先生にも反対をされましたが、最終的に自分の意思で受験をすることに決めました。

ひたすらやりたいことに挑戦する日々

シェアして応援