ラテンとフットボールを広める、新たな挑戦。
中南米へのサッカー修行で得た納得感と可能性。

有坂 哲さん/ラテン・フットボールをテーマにしたカフェ運営

はてぶ

「ラテン」・「フットボール」をテーマとした原宿のカフェでショップディレクターとして働く有坂さん。プロサッカー選手を目指し19歳でブラジルに、5年のブランク後、再びプレーヤーとして25歳でコスタリカに渡った有坂さんが挑戦の先に得たものとは?環境を変えて挑戦を続ける背景にはどんな思いがあるのか、お話を伺いました。

大学中退、19歳で単身ブラジルへ

僕は東京都練馬区に生まれ育ちました。小さい頃から野球をしていたのですが、小学生のある時、友達から「一緒にサッカーをやらない?」と誘われ、嫌々ボールを蹴ってみる機会がありました。

すると、初めて思い切りボールを蹴った瞬間、身体中に衝撃が走ったんです。蹴る動作自体日常に無いためとても新鮮で、何か解き放たれたような、抑えられていたものが解放されるような感覚がありました。

それ以来、サッカーにのめり込んでいき、中学校でもサッカー部に入りました。弟も一緒にサッカーをするようになり、僕が中盤や守備のポジションを担うのに対し、弟はフォワードで得点を取る機会も多かったので、「お兄ちゃん負けているじゃん」と常に比べられるのは嫌でしたが、うまくなりたい一心で練習をしましたね。

そして高校からは地元の都立石神井高校のサッカー部に所属し、地域の選抜にも選ばれるようになり、本格的にサッカーで上に行きたいと考えるようになったんです。そのため、卒業後はサッカーに力を入れていた私大に公募推薦で進学することを決めました。

その後、卒業後の進路も決まった高校3年の1月頃、部活の練習を終えて区民館のトレーニングジムに行くと、見知らぬサッカーチームのユニホームを着てトレーニングをしている人を見かけました。個人的にサッカーのユニホームについてはマニアと言える程詳しく、日本のものは全て分かる自信があったからこそ、どうしてもそのことが気になり、「どこのユニホームなんですか?」と声をかけてみることにしたんです。

すると、元々ブラジルのチームで6年間プレーしていた方で、その時のユニホームだということがわかりました。そして、その方は日本に帰国しJリーグを目指して練習をしているとのことでした。最初は興味本位だったものの、プロを目指し、ブラジルでも選手としてプレーした方の話を聞けるのはすごく印象的でしたね。それ以来、一緒にトレーニングをさせてもらうようにもなりました。

高校を卒業後は私大のサッカー部に入部し、寮生活が始まりました。しかし、サッカーに打ち込みたいという思いを持って入学した分、周りとの温度差もあり、入って半年程立つ頃には、部活を辞めようと考え始めたんです。

同時に、地元のジムでの出会い以来、自分もブラジルに行ってみたいという気持ちも抱いていました。大学の先生からは反対され、母子家庭だったこともあり、経済的な面での後ろめたさもあったのですが、挑戦してみたいという気持ちは日に日に増していきました。

そこで、部活とともに大学を辞め、知人を介して環境を紹介してもらい、3ヶ月後にブラジルに出発することを決めました。最終的には母親からも「あなたがそう思うなら、やってみれば」と言ってもらえたこともあり、19歳のタイミングでブラジルへ渡ることにしたんです。

プロへの挑戦と、指導者という新しいやりがい

シェアして応援