岡山県井原市で長男として生まれました。祖父母と父母、弟の6人家族です。

家は祖父の代から工業所を営んでいます。初めは自動車会社の下請けでしたが、父の代からタイミングプーリーの製造を始めました。タイミングプーリーというのは歯車の役割をする部品のことで、自転車のチェーン部分や食品包装のために使われる機械などの一部に使用されています。

子どもの頃は、工業所でタイミングプーリーの他にも洗濯バサミ、おもちゃのピストル、バドミントンの羽、樹脂の成型品なんかの加工下請けもやっていました。父がそういうものを作るのを見ているのは楽しかったですね。作ったもので遊べるのも良かったです。

小学生の頃は一人で絵を描くのが好きで、大人しくてあまり目立たない子でした。しかし、地元の中学に進学してバレーボールチームに入ると、性格がガラッと変わって明るくなりましたね。

それまで運動は得意じゃありませんでしたが、体が大きくなってバレーボールで活躍できるようになったんです。小学生の頃から、学校のない時は工業所での手伝いをして、自動車部品の研磨をしたり重いものを持ったりしてきました。そのお陰か筋肉がついて体つきががっしりしてきたんです。バレーにはかなり打ち込んで、県大会で2位まで行きました。

進路については、長男だから工業所を継ぐことは決まっていたので、「大学くらいは出とかんといけん」と大学受験を視野に入れて県立の普通科の高校に行きました。高校でもバレーは続け、県のベスト8まで行くことができました。