東京都杉並区出身です。元ラグビー日本代表だった父の影響で、子どもの頃からスポーツばかりしていました。体操や鉄棒、剣道など色々やりましたが、一番面白かったのがサッカー。コートの中で自由にボールを蹴るのが好きでした。

小学生の頃は毎日サッカーをしていて、将来の夢はJリーガーでした。中学に上がってからは、学校の部活ではなく、地元から少し離れたクラブチームに入ってサッカー漬けの毎日を送りました。

中学2年の時、家族でオーストラリアへ旅行することになりました。その際父に、現地のサッカーを体験してみたらどうかと聞かれました。ちょうど、2006年のワールドカップで、日本がオーストラリアに負けたこともあり、興味を持ちました。「向こうのサッカーをみてみるか」という軽い気持ちで体験してみると、技術的にもフィジカル的にも日本の方がレベルが高いなと感じましたね。

その後帰国して普通に生活をしていたんですが、その年の暮れに父から、「来年年明けくらいからオーストラリアで暮らすぞ」って唐突に言われたんです。本当に突然のことだったので、「ええ!?」ってすごく驚きましたね。海外で暮らすことなんて、考えたこともありませんでした。学校もサッカーも一番楽しい時期だったし、誰も知らない場所で暮らす不安もありました。でも、親父の決定に対して「行きたくない」っていうのは通じず、よく分からないうちに引っ越すことになりました。

現地では、中学に編入する前に、半年ほど語学学校に通いました。同時に、地元ボスリーパークのサッカーチームにも入りました。ちょうどオーストラリアのプロサッカーリーグができた時だったので、将来は地元のシドニーFCに入れたらいいなと思っていました。

でも、1年目はあまり試合に出られなかったんです。選手とのコミュニケーションが取れないことが大きな原因でした。最初の5、6試合は出られたんですが、徐々に出られる時間が減っていき、最終的にはまったく出られなくなってしまいました。

悔しかったですね。プレーは通用するはずなのに。とにかく選手やコーチとのコミュニケーションをとれるようになってやろうと、英語の勉強を頑張りました。

オーストラリア2年目、高校に進学した頃から英語がだいぶ話せるようになりました。それと監督が変わったこともあって、その頃から試合にもたくさん出られるようになったんです。友達も練習時間も増えていって、やっと毎日楽しく過ごせるようになりました。

そんな時、所属していたチームがリーグ戦で優勝し、その時の僕のプレーを見て気に入ってくれた方が、試合のビデオをドイツのチームの監督に送ってくれたんです。それがきっかけで、ドイツの試験を受けるチャンスをもらいました。

ぼんやりとですが、小さい頃からヨーロッパでプレーすることを目標にしていたので、すごく嬉しかったですね。サッカーと言えばやっぱりヨーロッパがメイン。チーム内に昔ヨーロッパでプレーした選手がいて、話を聞くうちに僕もプレーしたいという気持ちが強くなりました。

実際に試験を受けに行って、その気持ちは一層強くなりました。選手のレベルがすごく高いし、環境的にもきちんと整備されている。とても感動しました。こういうところでサッカーができたらいいなと思いましたね。