弁護士、上場を経て辿りついた故郷。
新たな岡山県津山市を、仲間と作り上げたい。

山田 邦明さん/地域を楽しむ人

はてぶ

弁護士、ベンチャー企業の上場を経て、地元を拠点に新たな挑戦に踏み出す山田さん。自分への矛盾と葛藤を乗り越えるために選択する日々。自分の心に正直に、好きな仲間と好きなことがしたい。故郷、岡山県津山市に戻り、地域文化のため新たな道を歩み始めた山田さんに、お話を伺いました。

嫌われて、そこから逃げて

岡山県津山市という人口10万人の街に生まれました。この街は、一般的に言われる「ど田舎」という感じではなく、生活することに不便はないけど、特におもしろいものがあるわけではないという中途半端な街でした。

小さい頃は、大人に「なんで?」と、何度も何度も聞く子どもでした。そのため、僕のことを嫌いな大人は先生を始め結構多く、よくめんどくさがられていましたね。一方で、物凄く可愛がってくれる先生も多く、そういった先生とは、今でも交流があるくらい仲良くさせてもらっています。

小学1年生の時に、地元でも強いと言われるサッカーチームに所属しました。サッカーは好きだったので続けていたのですが、中学2年生の時、それまで仲が良かったチームメンバーから嫌われるようになりました。生意気で自信家だったので、まあ嫌われるのもわかるな、という感じなのですが、当時は理解ができませんでした。サッカーをしに行くたびに「嫌われているわけがない、うん」と決心して行くのですが、嫌われているとしか思えない出来事が続く。「あー流石にこれは俺嫌われているな」と思った時は、色んな感情から涙が止まらなかったです。

その後、辞めるでもなく逃げるようにサッカーに行かなくなりました。そうすると、元チームメートと会うの気まずいんですよね。中学校ですれ違うとき、悪くないのにこそこそしてしまう、そんな感じでした。元々お調子者で児童会長をやるような性格だったのに、できるだけ目立たないようにしたくなって。教室の隅で本読んで、外を眺める生活になりました。

そんな時救ってくれたのが、ヤンキーの友達と担任の先生でした。ヤンキーの友達は「くんちゃんが嫌なら、サッカーも学校も行く必要はないんで?」と言ってくれました。これは衝撃的でした。小学校から続けていたサッカーと学校は、変えることができない所与のもの。それに行かないという選択肢があるということを、ヤンキーの友達が気付かせてくれました。やっぱヤンキーは、居場所のない奴の味方ですね。

また、担任の先生からは「山田は目が死んでるな。それは、お前に目標がないからだ」と、地元の津山で一番入学難易度の高い高専の過去問を5年分渡されました。サッカーをやらなくなって特にやることもなく、無気力で暇だったので、過去問を解いてみることにしました。そのうち、解けないのが悔しくなり、気がついたら勉強にはまっていました。もやもやした気持ちを考えるよりも、勉強することが楽でしたね。いい意味で、勉強に逃げていました。

ヤンキーの友達に支えられ、勉強という逃げ場を用意してもらえたことで、高専に進学することできました。

逃げとしての弁護士

シェアして応援