恋も仕事も子育ても、人生まるごと楽しみたい!
「女性に生まれて良かった!」と思える社会を。

高原 友美さん/女性がイキイキと輝ける社会を作る

はてぶ

地域全体で子育てを支援するサービス「まちのてらこや」など、働く女性を応援する事業を行う高原さん。大手企業に勤めながら、起業することを決めたきっかけとは?お話を伺いました。

海外の紛争や貧困地域の人の手助けをしたい

出身は、岡山県倉敷市。公務員の父と専業主婦の母の元、3姉妹の長女として育ちました。初孫だったこともあり、祖父にはたくさん褒められて育ちました。その祖父の影響もあってか、やりたいことに臆することなくチャレンジできるようになりました。

小学2年生の時、アフリカの貧困地域で活動するAMDAの医師のドキュメンタリー番組を見ました。AMDAは岡山にある紛争地や貧困地域で医療活動をするNGO。私たちの生活と全く異なるその映像はとても衝撃的で、雷に打たれたように「将来は私もAMDAのお医者さんとしてアフリカで仕事をするんだ!」と決めました。

ただ、大切に温めていた夢でしたが、高校で進路を考え始めた頃、少しずつ考え方が変わっていきました。紛争や貧困で傷付いた人々を助けるのは不可欠ですが、そもそもの原因である紛争や貧困を無くさなくてはいけないと感じるようになってきたんです。そのために、医師ではなく国連で働くことを目指すようになりました。

そして、もっと広い世界を見るために高校卒業後は東京に行くことに決め、お茶の水女子大学に進学しました。同じ夢を持つ仲間もたくさんでき、刺激的で充実した大学生活を送りました。

大学2年生の時には、内閣府が主催する「東南アジア青年の船」という国際交流事業へ参加しました。これは、ASEAN10カ国と日本の若者が船で共同生活をしながら約3ヶ月船旅をするというもの。船の中ではお互いの国の歴史や文化について学びあったり、「教育」というテーマでディスカッションをしたりしました。私にとっては「世界」に触れるのはほとんど初めての体験。海外の友達も多くできて、国連で働きたいという気持ちは一層強くなりましたね。

また、その経験を通じて「日本」に目が向くようになりました。ASEANの友人たちは、みな自国の未来について真剣に考えているし、国に誇りや愛着を持っていたんですよね。その姿を見て、私も日本をもっと良くするにはどうしたらよいか、50年後100年後も日本が海外の人に愛される国で居続けるためにはどうしたらいいのかということについて真剣に考えるようになりました。

援助ではなく、仕事を作る

シェアして応援