戦争の事実を写真を使って伝える。
表に出ない本当に大切なこと。

板谷 めぐみさん/写真を通して表に出ないものを引き出す

はてぶ

太平洋戦争体験者の記録等を行い、写真を通じて世の中の人に伝えることで、様々な問題に対して「自分で考えるきっかけ」を提供する板谷さん。戦争地域での生活や看護師の仕事を通じて考え続け、答えを出した「命」の使い道とは?自分の人生を最大限に生きる背景についてお話を伺いました。

自立した女性を目指す

私は大阪府で生まれました。小さな頃から、母に「自立した女性になりなさい」と言われながら育ちました。そのため、何でもちゃっかり取り組み、運動と勉強、どちらもできる方でした。ただ、「こうでなければならない」という自分像に縛られていて、常に自分が自分ではないような感覚も持っていました。

そして、高校3年生の時に「女性が自立できる仕事」は何か考え、看護師の道に進むことに決めました。ところが、大学に合格した時、全く嬉しくなかったんです。まだ迷いがあって、人の役にたつ仕事だけど心から看護師になりたいわけではなかったんですね。それでも、自分を抑えるように生活し、「将来自立するため」「患者さんのため」と、忙しい学校生活も乗り切っていきました。

学校が忙しい中、ある時、ユネスコのボランティア団体が開催した全国の若者が集まる勉強会に参加することがありました。そこで、私は大阪大空襲に関して調べることになりました。

その時、初めて大阪で大きな空襲があったことや、京橋駅にその慰霊碑があることを知りました。調べていくうちに、地元大阪で大勢の人が亡くなったことが分かってきて、「今までそのことを知らなかった自分」をとても悔しく感じました。それからは、戦争に興味を持ち、調べるようになっていきました。

日本の常識は世界の常識ではない

シェアして応援