早稲田のサッカー部は強豪で、年代別の代表選手がゴロゴロいるし、各チームでキャプテンを務めていた人も多く、最初はレギュラーにはなれませんでした。それでも、試合に出るチャンスはあり、そこから徐々に実力を発揮していきました。

私のポジションはフォワード。パスをもらう時、自分への期待が不思議と伝わってきます。そして、その期待に応えるように点を決めた瞬間がたまらないんですよね。また、私は目立ちたがりで「面白いプレー」をすることが好きだったので、試合中に「股抜き」できた瞬間も快感でした。そうやって自分で考えて自由に動けることが、サッカーの好きなところでした。

ただ、次第に自分が目指したいのは、なでしこリーグではないと思うようになっていきました。レギュラーとして試合に出るようになった時、なでしこリーグに所属するチームと2回ほど試合をする機会がありました。結果は0−1で2回とも負けてしまいましたが、実際に日本代表のトップ選手たちと戦ったことで、その実力は肌で感じることができました。

この時、サッカーという分野での天井が見えてしまった気がしたんです。私は日本代表選手になるような選手ではありませんでしたが、それでも目指した先にある頂点のレベルに手が届きそうだと感じた時に、もしかしたら、世界にはサッカーよりも面白いことがあるのではないかと。

ただ、とにかく大学ではサッカーをやりきって、進路は4年生の最期の大会の後に考えようと思っていました。また、考える猶予を作ろうと思っていたので、1年留年することも決めていました。