世の中から「関係ない」をなくしていく!
本当は身近な社会問題を、伝えるための映像。

近藤 祐希さん/映像クリエイター、子どもの国際教育事業

はてぶ

社会問題を多くの人にポップに伝える手段として映像制作を行う近藤さん。「全ての問題の本質にあるのは人の繋がり」と語る背景には、自分自身が繋がりによって助けられた過去がありました。そして、幼少期に国際交流する大切さを説く近藤さんに話を伺いました。

個人がどうあるかの大切さに気づけたアメリカ生活

僕は大阪で生まれ、10歳の時にアメリカのオレゴン州に引っ越しました。西海岸特有の突き抜けるほどポジティブで明るくいい人たちに囲まれ、文化や言葉の違いには悩みつつも、楽しいアメリカ生活が始まりました。

しかし、オレゴン州は田舎で白人が多くの割合を占めていて、人種差別的なことも少なくはなく、ポピュラーではない日本人を弱い存在として下にみる人もいました。下校中に近所の子ども達に「ジャパニーズ!」と石を投げられたこともありました。

そんな環境でしたが、中学で始めたサックスで州や市の大会でいくつか賞を取って評価され始めると、周囲の目がガラリと変わるのが分かりました。 何かに一生懸命打ち込んだり、1つでも秀でているものがあるとリスペクトしてもらえる文化があったので、徐々に認められるようになり、スクールバスの中でも人気者だけが座っていい後ろの席にも呼んでもらえるようになりました。

こういうアメリカの正直で素直なところはすごく好きだったし、言葉や人種なんてものは実はあまり関係ないのかもしれないと、音楽に教えられたんです。中学卒業のタイミングで家族は日本に戻りましたが、 僕はもう少しアメリカで生活したいと思ったので、ニューヨークに校舎を構える慶應義塾の高校に進学することにしました。

そこは寮制の学校で、決まった時間以外は外には許可無く出られず、隔離されている環境でした。 特にやることもなく、逃げ出すこともできないので、 みんなそれぞれのアイデンティティを見つけるためなのか、好きなものに一生懸命すぎるくらい打ち込む文化があり、僕は将来プロのドラマーになりたくて、毎日ドラムやバンド練習ばかりしていました。

人は繋がりの中で支えられて生きている

シェアして応援