1. >
  2. >

窮屈さを感じる人に、1つの出口を提示したい!
日本を飛び出してニューヨークで掴んだもの。

かみむら ゆいさん/ライター、PR支援、留学相談

はてぶ

フリーランスでライターやWEBを用いたPR・集客、留学の相談など様々な活動をされているかみむらさん。大学を中退しアパレル企業で働くも、日本に窮屈さを感じて飛び出してニューヨークで生活をしていた経験などから、どのように今の活動につながっていくのか。お話を伺いました。

ずっとここにいるわけじゃない

私は奈良県の生駒郡という、法隆寺のある田舎町で生まれました。

父は祖父から継いだ会社の経営者、母は本好きで、家にはたくさんの本が置いてありました。
その影響か、小さい頃からマンガやアニメよりも小説が好きで、小学生の頃には夏目漱石なんかも読み始めていました。
本を書く人はどういう人なんだろう、将来は私も本を書いてみたい、なんて思っていましたね。

両親は私が欲しいと言ったものや、やりたいと言ったことに対して、「ダメ」ということはありませんでした。
だからといって好き勝手させてもらえるわけではなく、いつも理由を聞かれていたんです。
「なんでそれ欲しいの?」って。
その答えが「みんな持っているから」とかではダメで、自然と何をするにも考え、目的を持つようになってきました。

また、私の家は両親の友だちなどが県外からよく遊びに来ていて、その子どもである高校生や大学生のお姉ちゃんたちと触れ合うことが多くありました。
そのお姉ちゃんたちはおしゃれで、かっこいい彼氏がいて、私にとっては憧れの対象でした。
そして、中学生になるとそのファッションを真似るようになっていきました。

すると、学校では目立ってしまい、いじめられるようになりました。
ちょっと人と違うことをしただけなのに、ドラマみたいにひどい目に合いましたね。
でも、別にこの場所でずっと生きていくわけじゃないと思っていたので、あまり気にしてませんでした。

そして高校は都会に行きたいと思い、家から電車で20分位でしたが、大阪の高校に通うことにしました。

大学ではなく働く1年を