1. >
  2. >

続けたら、いつかできるようになる。
「個の育成」を追求したサッカーを続ける理由。

OMAさん/中学校の事務員 兼 サッカー部コーチ

はてぶ

「今できなくても、やれば必ずできるようになる」そう子どもたちに語りかける姿が印象的なOMAさん。中学校のサッカー部コーチとして、生徒たちが本当に成長できる仕組みを作り、実行する背景には、ご自身が身をもって経験された体験を、子どもたちに伝えていく思いがありました。そんなOMAさんの人生を、ほんの少しだけですがご紹介します。

結果につながる努力

最初にサッカーと触れたのは、小学校3年生くらいの頃でした。地元に少年サッカーチームができて、なんとなく加入したのですが、塾の勉強なども忙しく練習に行けない日が多くて、結局1年程でやめてしまいました。

その後、本格的にサッカーを始めたのは中学校の部活からでしたが、すごく下手だったので、全く結果を残せませんでした。最後の大会でも自分の責任で負けてしまい、悔しい思いをしたのを覚えています。

中学3年生で一旦部活は引退になるのですが、中高一貫の学校だったため受験勉強の必要がなく、みんなが遊び始めている中、自分は高校サッカー部の練習に参加し続けました。とにかく、うまくなりたいの一心でリフティングとドリブルをひたすら練習しました。

高校生になって、その自主練の成果が実り、なんと1年の時からレギュラーになり10番を背負うようになりました。すごく嬉しかったし、この時から「努力すれば結果はついてくる」と実感し始めていました。

しかし、もともと自分より上手かったメンバーが高校サッカーのコツをつかみ始め、自分自身怪我も重なったこともあり、すぐに受験期の貯金が尽き、周りのメンバーに追い越されてしまいました。

この頃は自分の実力は分かっていたし、プロになりたいなんて恐れ多くて思っていなかったですね。

でも、大学ではサッカー部に入りたいと思っていたので、引退後も自主練はずっと独りで続けました。大学のサッカー部は強くて厳しい環境だったので、そこで4年間頑張れたら、社会に出た後も力になる何かが身につくと思っていたんです。

肩書なんか関係ない