稼ぐための会社でなく、人を幸せにする事業を。
順風満帆の中、リセットを決めた29歳の決断。

山中 哲男さん/事業構築支援

はてぶ

自身の起業経験・海外でのコンサルティング経験を元に、国や企業・NPO等、組織体を問わず事業構築の支援を行う山中さん。これまでの経験をもとに、「一緒に仕事をしたい人」と「仕事をしたくない人」を明確にしてから事業支援を進めていると話します。20歳で飲食店の開業・25歳でハワイにてコンサル企業の立ち上げという異色のキャリアを経て、「事業を通じて誰もが幸せになるような仕組みを創る」という目標を掲げる背景とは?お話を伺いました。

他人の成長が一番のやりがい

私は兵庫県加古川市に生まれ育ちました。小学生の頃から走ることが得意で、学校でも足の速さは一番でした。そのため、顧問の先生や先輩からの熱烈な勧誘を受けて陸上部に入部し、高校でも、陸上の強豪校に進学しました。

また、中学高校と100mの選手を務め、部活ではキャプテンを務めていました。同学年の中でもタイムが良いことに加え、下級生の頃から、思ったことは口に出す性格で、周りが言えないようなことも代弁するため、推薦を受けて役職を務めていました。

例えば、全体メニューを皆で進める中で、「もっと一人一人に合った練習の方が成果につながるんじゃないか」という考えから、練習の細分化を先生に提案していたんです。納得できないことについては例えぶつかってでも意見を伝えており、最終的には「じゃあお前がやれ」ということで練習を一緒に考えるようにもなりました。

自らの成果のためにストイックに努力することはもちろんなのですが、他のメンバーやチーム全体が向上することに関心があったんです。そのため、人に物事を教えることもとても好きでしたね。成績的には自分が学年でトップだったため、周りのメンバーも一緒に上位の大会に行きたいという思いもありましたし、何より、人の成長を見ることが一番のやりがいでした。

そんな部活中心の生活を経て、卒業が近づくと、将来の進路を考えながらも、いわゆる「将来の夢」は昔から描けないタイプでした。小学校の頃から、夢を書けと言われても何も出てこず、頭が真っ白になってしまっていたんです。陸上では県でもトップレベルの成績を残すことができましたが、特にアスリートとしてやっていきたいという気持ちは無く、逆に人に教えられる分野だからやりがいを感じていたのかもしれない、という感覚でした。

そのため、短期的な目標として、中高でお世話になっていた先輩が所属する大学の陸上部に入り、大好きな人とこれまで通り陸上をしながら楽しい日々を過ごしたいと考え、先輩のいる大学を受験することにしました。

ところが、迎えた大学受験では、前期・後期共に不合格となってしまったんです。正直、びっくりしましたね。不安よりも「いけるでしょ」という感覚が強かったからこそ、「うそうそうそ?」と結果を疑いました。人生で初めての挫折でした。

ただ、結果は変わらないため、受け入れるしかないと考え直すと、選択肢は浪人か就職の2つでした。他の大学には興味がないし、その大学についても、浪人してまで行きたいかというとそうではなかったんですよね。そこで、すぱっと諦め、欠員補助が出ていた地元の工場で働くことを決めました。

加古川は大手企業の工場が多いこともあり、周りでも就職先の7・8割は工場で、特に迷いは無かったですね。中学生くらいまでは、社会には工場しか仕事が無いと思っていたくらいでした。(笑)

コンサル業界に入るために飲食店を開業

シェアして応援