【イベントレポート 】another life. Beauty in Mind-働く女性の"私らしい生き方"-#1「これからの女性の働き方から、私らしさを考える」

another life.では毎月「自分らしくイキイキと生きているゲスト」をお呼びして、多様な価値観に触れられるイベントを開催しています。

4月〜6月は、全5回を通して働く女性の美しい生き方について考える「another life. Beauty in Mind-働く女性の"私らしい生き方"」を開催します。

作成日:2018年06月05日

4月8日(日)に行われた第一回目のイベントでは「これからの女性の働き方から、私らしさを考える」をテーマに、お二人のゲストをお呼びして座談会を実施しました。

<ゲスト>
●信澤みなみさん


学生時代は人に興味を持ち人間科学部に所属されていた信澤さん。
現在は、株式会社サーキュレーションの人事部マネージャーとして勤務されながら、一人ひとりが自分のライフスタイルや働き方を選択し、やりがいを満たせる社会をテーマに、経産省や大学など各方面でご活躍されています。
プライベートでは、ヨガや食事管理のアドバイザーなども行われている、パラレルキャリアの実践家です。

●堤唯花さん


元競泳選手かつ2017ミスユナイテッドコンチネンツ世界大会日本代表という、異色の経歴の持ち主です。
現在は金融機関会社の一般職として勤務されています。
対談では競泳選手時代の挫折経験や、自分の外見に自信がなかった堤さんが、なぜミスコンに出場することにしたのかについてお伺いしました。

イベント前半はお二人の自己紹介の後、3つのテーマについてお話しいただきました。

<今の働き方・生き方を選んだ理由>


信澤さん
「きっかけは、大学時代に人がどういうパーソナリティを持っていると、どういう環境でパフォーマンスが上がっていくかということについて研究を行っていたことです。またインターンとして働く経験を通して、人生の中で働く時間はとても長いので、この時間が楽しくないと一日がつまらないまま終わってしまうと実感しました。こうした研究と実体験を通じて、職場や働き方の問題の背景に社会問題があるということを知っていきました。そこから自分事から社会に伝えたいという思いに変わっていきました。」

信澤さんは、自分には働くにあたりテーマが必要だとわかっていたので、働くテーマを見つけるために様々な社会人と会っていたそうです。
参加者のみなさんへのアドバイスとして、「たくさん気付きがあるほど自分を理解しやすいので、とにかく自分に刺激をあたえ、自分を観察してみるのがオススメです。」と仰っていました。

堤さん
「就職活動は、周りがやっていたからやっているという感じだったんです。小さいころから水泳だけをずっとやってきたので、本当に世間知らずだったんです。就職活動をしながら、命の次に大事なのはお金の知識だ!と思い立ち、金融の知識をつけるために今の会社に進路を決めました。ところがいざ社会人になってみると、水泳というずっと頑張ってきたことがなくなってしまったことで、心にぽっかり穴が空いたような気持ちでした。そんなときにミス日本代表が開催していた女性向けセミナーに参加したことがきっかけで、ミスコンに出ることになりました。」

堤さんは自分を知るために大事なことについて話す中で、「時間は命で、経験は財産だと思っています。色々な人に話を聞いて経験し、こういう考え方ってあるんだ!と知ることもが大切です。」と仰っていました。


<これからの女性の働き方・生き方>

信澤さん
「これまでは資本主義に従い、お金やステータスが重視されていましたが、これからは自分が何をしたいのかという文脈を重視していい時代だと思っています。何をしたいのか探し、見つけた時にそれを実行できる自分でいることが大事です。
(女性に絞って考えると)生態としては変わっていないので、(技術も発展していますが)子どもを産む年齢にはまだまだ適齢期があります。女性であるということを意識して、健康へ気を遣うことやパートナーを選ぶことも大事になってくると思います。」

堤さん
「社内を見ていると、顔が死んでる人が多いんです(笑)生きがいを仕事とプライベートどちらで持っている人もいて、それは個人の自由だと思うんです。でも仕事で顔が死んでて良いというわけではないですよね。女性の笑顔や明るさは日本を元気にすると思っています。私も道を歩いていて、素敵な人とすれ違うと「今日も頑張ろう」って思うタイプなので(笑)そういうところから会社だけでなく、日本が、世界が元気になると思うんです。なので女性が元気でいられる働き方・生き方ができれば、日本って変わっていくんじゃないかなと思っています。」


<美しく生きるとは>


信澤さん
「(逆説的ですが)美しく生きようと思いすぎないないことが大切だと思っているんです。生きるって綺麗なことだけではなくて、泥臭いものだと思っています。なので自分にプレッシャーをかけ過ぎないこと。自分に納得感を持って生きることが大事だと思います。」


堤さん
「美しく生きるといっても、人によって顔や生き方、細かいところで言うと髪質、目のラインまで違います。まず自分の弱い部分を認めてあげることが必要だと思います。憧れだけでこうなりたい…ばかり追っていると、自分が苦しくなってしまいますよね。」

また対談後の質問に対して、それぞれお答えいただきました。



Q外見だけでなく内面も含めた美しさって、どうやって磨かれますか。

信澤さん
「自分に似合うことを知っていることが大事です。こういたいという理想は持っていても良いけど、でも、それはそれ!全く同じにはなれないので(笑)この人になりたいではなく、自分の好きな傾向を知ること。理想より、自分の好きな状態でいることが大事です。」


イベント後半は、ゲストのお二人と参加者の皆さんで座談会を行いました。



「トークの感想」、「目指したい美しい生き方をしている人は誰か?その人はどんな生き方をしているか?」、「自分の生き方をするために何をしているか?」という3つのテーマを元に座談会を行い、各々模造紙に印象に残ったことを書き出しました。


座談会中は、それぞれがテーマについて自身の経験を熱心に語り、ゲストの方や他の参加者の方がお互いに意見やアドバイスをする姿が見られました。


座談会終了後のインタビューでは「まだまだ話したりない!」というコメントや、午前中のイベントながら「このまま飲みに行きたい!(笑)」というコメントが飛び出すほど、各テーブルの議論が白熱していました。





全体を通して、今回キーワードになっていたのは「自分を知ること」でした。
自分を知って、それを認めてあげること。認められたら、次にそれをどう活かしたら良いのか考えること。


また対談や座談会中に多く聞かれた言葉の中に、「自己肯定感」や「自分を好きになる方法」などがありました。


「これからの女性の働き方から、私らしさを考える」をテーマに開催されたanother life. Beauty in Mind-働く女性の"私らしい生き方"の第一回イベント。
様々な生き方が選べるようになった現在、女性という個性に加えて、どんな私が私らしいのか。
同じように悩む女性が集う場に参加したことで、改めて「自分を知ること」に向き合うきっかけになったのではないかと思います。


次回のanother life. Beauty in Mind-働く女性の"私らしい生き方"は、「自分の本音を認めて、私らしく生きる」をテーマにお送りします。
https://peatix.com/event/364486



今回話題にあがった「自分を知ること」から一歩進んで、「自分の本音を認める」について考えていきます。
ご興味のある方はぜひご参加ください!


reccomend-img

互いの違いを尊重し合い、共存できる社会へ。神の実在を問い続け見つけた、理想の在り方。

reccomend-img

物語を作ることで現実逃避してきた学生時代。映像による、社会の変容を起こしていきたい。

reccomend-img

ベンチャー女優が挑戦するエンターテイメント。「全てを失った一日」を越えて目指すもの。

reccomend-img

営業マンに寄り添った成長サポートを!諦めの悪かった私の人生。

reccomend-img

研究×経営で医療界のフロンティアに。チャレンジし続け、日本医療に貢献する。

reccomend-img

今逃げてしまったらいつ頑張るのか?逃げ続けてきた私の社会人としての挑戦。

reccomend-img

誰もが自分のブランドを持てる業界に。アパレル業界の構造を変えるための挑戦。

reccomend-img

日本文化の魅力を日本、そして世界へ!海外での挫折を乗り越えたどり着いた使命。

reccomend-img

翻訳家の裏側をお教えします。

reccomend-img

全ての人にスポットライトを当てて輝かせたい。日本一かっこいい介護福祉士ができる貢献とは。

キーワードから探す

another life.とは

another life.提供サービス一覧