畠山 友一さんの人生インタビューを最初から読む

会社の中で見えてしまった将来像と、自分への焦り

卒業後はプログラマーとして働き始めました。残業も多いし、拘束時間は長い仕事でしたが、部活よりも大変なことはこの世にないと思っていたので、全く苦ではありませんでした。

ただ、部活引退以降は燃え尽き、緊張の糸が切れてしまったような状態だったので、仕事が楽しいとかつまらないとか、そういう感情が湧きすらしない状況でした。

しかし、次第に会社の中での自分の将来像がなんとなく見えてくると、このままでいいのかと考えるようになっていきました。また、広告代理店や総合商社で働く部活の友達から話を聞くと、自分とは全く違い雲の上のような世界に感じられ、自分はもぐらのように、一生陽の目が当たらないのではないかと、焦りも感じるようになっていったんです。

そして、このままではまずいと、会社を辞めることにしました。将来やりたいことも、次の職も決まっていませんでしたが、部活の経験から、「やり続けたら結果になる」と自信はあったのか、不安はなかったですね。

その後、とにかく営業力を磨こうとリクルートに入ることにしました。中でも面談で「一番きつくて成長できる」と言われた、FNX(現在は株式会社ネクスウェイに分社独立)というFAXの一斉配信などの情報通信事業を行う部署に配属されました。

中小企業の支援市場への関心と、着火するための転職

シェアして応援