母国と何も変わらぬ生活を、異国の地でも。
外国人のインフラ、「ビザ」に込めた想い。

岡村 アルベルトさん/ビザの申請書類作成・代理申請サービス

はてぶ

【日本アイ・ビー・エム提供:オープン・イノベーションを生み出すエコシステム特集】在日外国人に向けたビザの申請書類作成・代理申請サービスを運営する岡村さん。日本とペルーのハーフとしてペルーに生まれ、幼少期から日本で暮らすことに。大学卒業後、入国管理局の現場責任者として働いていた岡村さんが、ビザを取り巻く問題を解決しようと独立を決めた背景とは。

ペルーから日本へ

ペルーのアレキパという街で生まれました。日本でいう大阪のような、ペルー第二の都市です。父が日本人、母がペルー人で、幼少期に日本に引っ越しました。

初めての日本はすごく新鮮でした。大きなおもちゃ屋さんが家の近くにあって、衝撃を受けました。建物が丸々1棟おもちゃ屋なんて、南米ではありえないので、ワクワクしましたね。

住んでいたのは大阪の下町で、僕たち以外に外国人はいませんでした。孤独でしたね。初めて小学校に行った時、『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオのようなオールバックの髪型で登校したんです。南米の小学校ではみんな同じような髪型だったので、僕はそれが当たり前だと思っていました。でも、日本の小学校ではそんな髪型の子はいない。しばらくその髪型を続けていたんですけど、段々僕だけ違うのは嫌だなと思うようになり、やめました。そもそも周りの子で櫛を使っている人すらいなかったので、「なんでみんな櫛で髪をとかないんだろう」と不思議でしたね。細かいことですが、至る所でそういうペルーと日本の違いに対する違和感がいっぱいあったんですよ。時にはいじめられたり喧嘩をしたりすることもありました。

日本に来て以来、外国で暮らす大変さをよく感じました。特に大変だったのがビザの手続きです。両親が色々な書類を集めて、僕も一緒に入国管理局に行って、長時間かけて手続きをするんですよね。子供の頃からそれを見ていて、大変そうだなと思っていました。

周りでもビザで悩む人は多くいましたね。小学校の時に親ぐるみで仲が良かった子がいて、すごい僕に似てる子だったんですよ。双子みたいに見た目がすごく似ていて。彼の両親は両方ペルー人で、同じ国籍ということもあって結構仲良くしていました。

ある日、その友達に最近会わないなと思って僕のお母さんに聞いてみると、「ビザが継続できなかったみたいで、南米に帰っちゃったんだよね」と言われました。僕たちが遊んでいた時も、入国管理局とのやりとりでそれなりに苦労していたようでした。

最初は、「仲が良い友達がいなくなっちゃった。せっかく頑張って作ったのに」という気持ちが強かったですが、中学高校と年齢が上がるにつれて、もしその時僕にビザの知識があったら、彼らが日本で暮らし続けることが出来たんじゃないかなと思い返すようになりました。自分の中にモヤモヤした思いが残りました。

高校生の時、日本に帰化しました。母方の家系に経営者が多く、父も独立していたため、自分も将来は自分で何か事業をしたいと考えていました。卒業後地元の神戸にある私大に進みました。少人数制で実践的なカリキュラムの大学でしたね。

就職活動での運命の出会い

シェアして応援