1. >
  2. >

「地方」から、スマート農業の実現を。
農業嫌いだった僕の、農業ITでの挑戦。

下村 豪徳さん/農業ITの普及

はてぶ

【日本アイ・ビー・エム提供:オープン・イノベーションを生み出すエコシステム特集】農業にITを取り入れ、「スマート農業」の実現を目指す下村さん。米農家の長男として生まれながら、農業は大嫌い。IT業界で働いていた下村さんが、なぜ農業に戻ってきたのか。お話を伺いました。

米農家にゴールデンウィークはない

富山県の中新川郡立山町で生まれました。立山連峰の麓の町です。おとなしい性格で、テレビゲームが好きな子どもでした。

家が米農家だったので、休みの日は田んぼに借り出されていました。特に、5月のゴールデンウィークは田植え真っ盛りの時期なので、毎年、友達が遊んでいるのを横目に、農作業の手伝いをしていました。文句はありつつも、そういうものと思っていましたね。

それが、小学校3年生か4年生の頃に、友達に家にネズミが出ることを馬鹿にされてからは、農業がすっかり嫌いになってしまいました。昔は、田んぼの周りはもちろん舗装されていないですし、家の前の道路もアスファルトじゃなかったんです。普通に、もぐらとか亀が田んぼの中から出てきていましたし、ネズミもいました。米があるところにネズミは必ず出ます。

家にネズミが出ることを友達に話したら、「お前んちネズミいるの。ダサい」と馬鹿にされたんですよね。その時、他の家にはネズミはいないんだと初めて知って、驚きましたね。ダサいと言われたのが嫌で、なんでうちには田んぼがあるんだろうとか、田植えを手伝ってゴールデンウィークも遊べないとか、不満が募っていきました。

中学2年生の時に、漫画のキャラクターの影響で、エレキギターを始めました。独学で学んでいたのですが、3年生の時に初めてバンドを組んで、自分はギターを全く弾けていなかったことが分かりました。音がちゃんと出ているかも分からず、何となく弾いていただけだったんですね(笑)。ちゃんと弾けるようになりたい。そう思い、高校生になってからはギタースクールに通いました。

頭の中にあるものを形にする楽しさ