京都府京都市伏見区で生まれました。父親は大手企業に新卒から勤め上げ、母親は音大出身。二つ年上の兄がいます。母の影響で3歳からピアノを習い始め、「将来は音大に行って、お嫁さんになるんだよ」と言われて育ちました。

小さい頃から、いわゆる「いい子」でしたね。兄が塾に通っていたのですが、両親が兄の勉強を熱心にサポートする様子を見て、私は両親に負担をかけないようにしなければと考えるようになりました。なるべく両親に心配をかけないように、常に顔色を見ていました。真面目に勉強し、小学校の成績はいつもオール5でしたね。

中学、高校はピアノ中心の生活でした。毎日まっすぐ家に帰って練習をして、規模は小さいけど、毎年必ず発表会に出演していました。「ピアノが大好き!」というわけではなかったのですが、両親に褒められたい一心でした。高校に入ってからもそんな生活は変わらず、部活に入らないで放課後はすぐに帰宅。音感をつけるために声楽のレッスンにも通いました。

高校3年生の春、進路を決めるの3者面談がありました。元々、ピアノ中心の生活でしたが、真面目に勉強していたので、成績は良かったんです。担任の先生から進路について「勉強で進学するかピアノで進学するか決める最後のチャンスだ」と言われました。実は担任もピアノをしていたのですが、途中で挫折して学校の先生になった過去がありました。だからこそ、業界の厳しさを知っていて、本気で私の進路について考えてくれていたんです。

「本当にピアノを選んでいいんだね?」と言われて、ふと思ったんです。このままピアノの道を選んだら、大学に入ってもアルバイトもできなくて、またまっすぐ家に帰ってピアノを弾くことになる。四年間地獄じゃないか、そんなの嫌だって。その時初めて自分の気持ちに気づいて、咄嗟に「勉強で行きます」と言いました。急に反抗期が始まったような感じで、親はびっくりしてましたね。

家に帰って相談すると、父親は賛成してくれましたが、母親は「毎週のレッスン通いの送り迎えや、かかった時間やお金を考えると、この15年間は一体なんだったんだ」と落胆していました。それでも、気持ちは変わりませんでした。親とぶつかることを急に厭わなくなったんです。最終的に、大学でもピアノを続けることを条件に、地元の私大を選びました。昔からなんとなく英語が好きだったので、国際金融という分野がある商学部に進みました。