愛知県の名古屋市で生まれました。控えめな性格で、生き物や自然が大好きでした。釣りやキャンプに出かけていましたね。

10歳のとき、父方の実家である長野県伊那市に引っ越してきました。来たばかりの頃は、厳しい寒さに驚きました。すごく古い家だったので、隙間から冷気が入ってくるんですよ。布団が寝息で凍るくらい。お風呂の扉が凍って出られないなんてこともありました。

でも、自然を満喫できたのは嬉しかったですね。釣りも好きなだけできたし、家の前に池を掘って魚を泳がせたりしました。鳥もたくさん飼いましたね。にわとりやホロホロ鳥、キジなど、鳥だらけでした。伊那に来てからは、生き物や自然に触れ合って遊ぶのが日常でした。

引っ越してから、父がリンゴ農園を始めました。父は研究者で、微生物とミネラルの有効活用による農業と畜産の効率化を指導するのが本業でした。全国を回り、有機農業の第一人者の方々と討論をする中で、自分でもやってみようと思ったらしく、研究の一環のような形で兼業農家になったんです。

周りでは、有機農業をしている人なんていませんでした。そんな中、父は化学肥料や除草剤を一切使わないリンゴ作りに挑戦し始めたんです。農薬の代わりに、とんでもない量の炭と麦飯石、牡蠣殻を使って土作りを行いました。

人出が足りなかったので、僕も手伝わされました。学校から帰ったらいつも手伝いです。あまりに大変で、農業が大っ嫌いになりました。将来は、農業だけは絶対にやりたくないと思いましたね。ちょうどバブルの頃だったので、なおさら華やかな世界に憧れまして。結局、高校卒業後は東京で就職しました。