未来をつくる新しいサービスを。
会社への恩返しのために、僕にできる挑戦。

池本 博則さん/株式会社マイナビ執行役員・地域活性事業部 事業部長

はてぶ

株式会社マイナビの新規事業として、地域活性のための農業メディアを立ち上げた池本さん。教師を目指した少年時代、ラグビーに全てを捧げた高校時代、人生を変えた一言。現在のお仕事にたどり着くまでの背景を伺いました。

こういう人になりたい

徳島県の山川町に生まれました。名前の通り山と川しかない田舎です。秘密基地を作ったり、畑を走り回ったり、家からマヨネーズを持ってきて畑のきゅうりを食べたり、そんなことばかりして育ちました。まさに昔ながらの田舎暮らしでしたね。

5つ上の兄がいて、僕が生まれる前から大きな病気を患っていました。20歳まで生きられるかどうかわからないくらいの難病で、必然的に、両親の関心は兄に向いていました。その影響なのかはわかりませんが、僕はずっと「手間をかけない子でいよう」と考えていましたね。遠慮がちで大人しく、良い子でいるように気をつけていました。

兄だけでなく母も病気がちなうえ、父は仕事が忙しかったので、僕を育ててくれたのは祖父母でした。公務員だった祖父と、生け花や絵画教室をしていた祖母は、常識を大切にする人たちでした。「当たり前のことを当たり前にやりなさい」といつも教わっていました。

小学生の頃は、担任の先生に憧れ、将来は学校の先生になりたいと思っていました。先生は、他人を否定せずに長所を伸ばしてくれる人だったんです。褒めてくれるけど決して甘やかさない。「これはお前の責任だから自分で解決しろよ。出来なかったらやり方は教えてやる」って感じで。そんな姿が、すごくかっこよく見えました。いつか自分もあんな先生になりたいと思いました。

夢を叶えるために、中学に入ってからは勉強に加えて課外活動にも力を入れました。陸上部とテニス部を兼部したり、演劇や生徒会もやってみたり。その中でも、一番影響を受けたのが、商工会議所が中学生向けに主催しているプログラムでした。

そのプログラムは、選抜された中学生が集まり、泊りがけで色々なことを学習するという趣旨でした。そこでは引率の大学生と高校生を「リーダー」と呼んで、彼らと一緒に過ごす中で様々な学びがあったんです。

最初、同じ中学生たちとの集団生活の中で、「なんでこんな大声で泣くの?」とか、「なんでこんなに興奮しながら意見を言い合うの?」「なんでこんなに大声で歌うの?」って、戸惑ったんです。そんな中、リーダー達が中学生をまとめる姿を見るうちに「あ、リーダーってこういうことをするんだ」と肌で学びました。人との関わり方を考える上で、大きな影響を受けましたね。

リーダーは地元の高校生から選ばれるので、リーダーになるために地元での進学を考えました。そんな時、県でも有数の進学校から推薦の話が舞い込んだんです。その高校で、県で初めてのラグビー部が作られることになり、運動部で好成績を修めていた中学生が集められていました。

元々その高校に行きたかったしラグビーも悪くないと思えたので、推薦を受けることにしました。挑戦するチャンスがやってきたと思いましたね。

辞めたら何も残らない

シェアして応援